Home » Blog » Sachi's Blog » メキシコごはん。〜オアハカ近郊郷土料理編〜

メキシコごはん。〜オアハカ近郊郷土料理編〜

28 Dec 2012

前回の記事でも、地域によって味や調理法が異なる、というようなことを
書きましたが、


今回は私がレストランで働かせてもらっていた場所・オアハカ近郊の


郷土料理のご紹介です。


IMG_0397sachimex.JPG

オアハカでは「ケソ オアハケーニャ」と呼ばれるチーズが有名です。
※スペイン語で「ケソ」が“チーズ”、「オアハケーニャ」が“オアハカの”という意味。


上の写真はその「ケソ オアハケーニャ」を贅沢に使った


メキシコのチーズフォンデュと言われている「カスエラ デ ケソ」です。
※スペイン語で「カスエラ」は土鍋という意味。


ケソ オアハケーニャの見た目はモッツアレラにとてもよく似ていて


メルカド(市場)では棒状のチーズを丸めて量り売りにして売っています。


何よりも一番特徴的なのは裂けること!


食べるときはボール状になっているチーズを解いて、棒状にし


裂いて食べます。


カスエラ デ ケソ、元々ケソ オアハケーニャの塩分が強いので


そのまま食べるには少々しょっぱい。。。


チーズフォンデュのように野菜にチーズを浸して食べるというようりは


トルティージャなどの具材にして食べます。


このケソ オアハケーニャ、近郊にもなくはないのですが


やっぱりオアハカで食べるケソ オアハケーニャが秀逸です。


他の土地で食べるケソ オアハケーニャは水っぽかったり


もっとしょっぱかったり、なんだかでろ〜んとしてたり


微妙なあの裂ける感と味とコクは本家大元でないと表現出来ないのかしら?




続いては豚肉ととうもろこしを煮込んだスープ「ポソレ」。


とうもろこしと書くと、日本では黄色くて甘〜いあのとうもろこしを


思い浮かべるかと思いますが


ポソレで使うとうもろこしは一粒一粒が大きい、まるで大臼歯(失礼!)のような


とうもろこしなので、食べ甲斐があります。


IMG_8779mexfood.JPG
※写真ではとうもろこしが重くて沈んでいますが、底にしっかりあります!


色こそ辛そうですが、実際は辛くなくライムが効いてるのが特徴です。
(って、メキシコはライム大好きなので、どの料理もライム味が特徴と
 書くことが多いのですが…。
 スパイスもオレガノを使っているのでさっぱりと仕上がっています。)


最初、想像してたよりも特徴を感じられず、しつこく何件もで食べたのですが


結果として思うのは、ライム味とレタスと二十日大根が入ってること…ですかね。




さて、場所はオアハカから数時間移動して


雲海が素晴らしく綺麗な山間の町・サンホセ デ パシフィコで食べた


絶品メキシコ料理!
※サンホセ デ パシフィコ、とてもとーってもちぃちゃい街ですが
 すっごい大好きな街です。 
 のんびりしていて、雲海が綺麗で、でもなぜか日本人はあまり行かない
 おすすめの街です。


街の中心に一件しかないので行けばすぐ分かります。(2011/11)


まず一品目は「ALAMBRE de tazajo」という炒め物。


“salsa inglesa”
(サルサ イングレサ/イギリスのソースという意味。
 味はあの「AI sauce」そのものです。メキシコ料理には欠かせません。)を
使って炒めているのでメキシコ風中華炒めといった感じ。


その上にケソ オアハケーニャがトッピングしてあるのも最高です。


奥に見える茶色のペーストは豆を甘辛く煮込んでペースト状にした


「フリホーレス」と呼ばれるもので、こちらもまた豆嫌いの私(&パートナー)を


一瞬で豆好きにさせてしまった、絶品豆料理です。


続いては「FRIJOLES RAYITO(フリホーレス ラジート)」。


RAYITOはお店の名前だったので“ラジートのフリホーレス”ってことですね。


IMG_1311mexfood.JPG


これまた、日本での豆嫌いっていったいなんだったのだろう!?と思わせるほど


絶妙なスパイス加減と甘さ、塩加減。


具材はチーズとハム、豚肉、チョリソー、チレポブラーノ(辛くない唐辛子)。


街にはここしかレストランがないので、おのずと毎朝毎晩このレストランに


通っていたのですが飽きることもなく、むしろ街を出る時は寂しくなったほど


ここの味は美味しかったです。




好きなものってもちろん何度食べても美味しいのですが、


嫌いなものを「美味しい!」と思わせてしまうってすごいことですよね。


そういった意味でメキシコ料理は記憶に濃く残っていますし


やっぱり心に残るものって、「感動」という心の強烈な記憶なんだな〜と思います。


いつかそんな料理が作れる自分になれますように!!

 

Comment Form

このエントリーのトラックバックURL

http://www.one-plus.net/mt/mt-tb.cgi/659

blog
Share
Bookmark and Share
twitter
サチのつぶやきはこちら twitter
フトシのつぶやきはこちら twitter
僕たちの日記が雑誌に掲載されました。小学館falo BE-PAL10月号増刊