Home » Blog » Sachi's Blog » 愛されるということ

愛されるということ

21 Jan 2012

私の足には無数の虫刺され跡が残ってます。


ペルーのアマゾンにいた時、全身700ヶ所も刺された時の傷です。


自分自身では、「 あーぁ、これじゃスカートにヒール履けないわ 」 位にしか


気にしてなかったもののアラスカで両親と再会した時、母は私の傷を見て







「 もう・・・見てられないよ 」






と、本当に苦しそうな辛そうな顔で言いました。


その時、初めて 「 ごめん・・・」 と思い胸がチクリと痛んだのです。


私は母がおなかをいためて生まれてきた、もはや母の分身。


その分身の傷は、きっと自分の傷よりも痛かったんだと思います。


それを思えば思うほど 「 ごめんなさい、ごめんなさい・・・。」 と


どんどん胸が苦しくなった。






あぁ・・・これって愛だなぁ。
愛されてるなぁ・・・。






なんだか漠然とそう思ったのです。


自分のように相手を思うこと。


愛だなぁ・・・。


IMG_7808sachiusa2.JPG




母と同じく、パートナーも私の足を見ては


「 かわいそうに・・・。」


と、顔をしかめます。


あぁ、そうか。


これって、愛だよなぁ・・・。
愛されてるなぁ・・・。




自分のこと、もっと大切にしよう。


愛してくれる人がいるから。

Comment Form

このエントリーのトラックバックURL

http://www.one-plus.net/mt/mt-tb.cgi/580

blog
Share
Bookmark and Share
twitter
サチのつぶやきはこちら twitter
フトシのつぶやきはこちら twitter
僕たちの日記が雑誌に掲載されました。小学館falo BE-PAL10月号増刊