Home » Blog » Sachi's Blog » 和食って素晴らしい

和食って素晴らしい

11 Dec 2010

世界三大瀑布の一つであるイグアスの滝からバスで2時間ほどの場所に


戦後パラグアイに移住してきた人たちが住んでいる日本人居住地があります。


ここはパラグアイにある日本人居住地の中でも新しい居住地で


今も一世の方が住んでいます。


大豆畑が広がる緑豊かなこの地をなぜわたし達が目指したかと言うと・・・





納豆が食べられるから!!!!!!




嘘のようで、本当にそれだけのためです。えへ。


1年も日本を離れていれば、それはそれはもう・・・


日本食がとっても恋しいんです!


日本にいた時、特別に納豆が大好きだったってワケではないんですよ?


でも、やっぱり納豆は日本の味です。


「 バモス ( Let’s go!) 納豆 」 を合言葉にイグアス居住地に向かい、


日本人宿に着くや否や、


「 な・・・納豆って食べられるんですよね!!?」 ( たぶんちょっと鼻息荒め ) と


確認するとすぐ、もうすぐ閉店時間の生協へ小走りで向かいました。


まるで呪文のように


「 納豆・・・納豆・・・納豆・・・・・・・! 」 と呟きながら1kmほど歩いて


着いた生協。


本当に生協!!( すみません、興奮し過ぎて写真なしです。)


店内奥の冷蔵庫から納豆を見つけた時の感動と言ったら・・・!




「 な・・・納豆だよ!本当に納豆だよ!!! 」




まるで宝探しでお宝を第一発見したような興奮っぷりです。


大のオトナが何人も揃って大ハシャギ。


何を作るかも考えもせずに久しぶりに見る日本では馴染みのある野菜、


水菜・白菜・ごぼう・大根をとりあえず買い物カゴに入れレジへ。


「 かわいい女の子だな~ 」 なんて思春期の男の子のようにレジの子をながめていると




「 五万六千七百八十九グラアニーです。」




!!!!????




日本語だ~!


顔は外国人なのに、とってもキレイな日本語を話すんです。


移住地ってすごい!


後から聞いた話によると、二世の人々の時代はまだ日本語学校がなかったので


日本語が苦手な方もいるようですが、三世の人々の時代になると


日本語学校が出来たのでスペイン語も日本語もネイティブで話せるようです。


日本人の顔をした両親がスペイン語を話し、子供は両方話すって


なんだか不思議ですよね。


と、話は逸れましたが、とっても不思議な気分になるのが移住地です。


生協の次は豆腐屋さん!


パラグアイがなのかイグアス居住地がなのかは分からないのですが、


看板を出すと、とんでもなく高い税金を払わなければならないらしく


イグアス居住地では看板のある店がほとんどありません。


ですので、宿で教えてもらった通りの普通の家に向かって


「 すみませ~ん!お豆腐ありますかぁ~~???」 と恐る恐る声を掛けてみると


「 はぁ~い!」 と返事が。


本当に豆腐屋さんでした。


昔の日本ならではの 「 器持参タイプ 」 の豆腐屋さんに、感動し一丁お買い上げ~!


帰ってお米を炊き、豆腐の味噌汁・大根の浅漬け・キンピラごぼう・わかめサラダと納豆と言う


ごくごく普通の日本のごはんを目の前にして思ったコト。






和食って素晴らしい・・・!






和食なら肉なしでも十分満足出来る!


和食ってなんてヘルシー!


和食ってなんてたくさんの野菜が食べられるんだろう!


もう、とにもかくにも・・・






和食って素晴らしい・・・!






日本で生きていて毎日当たり前に食べていた日本食が、こんなにも素晴らしいものとは。


きっと、わたしだけでなく長期旅行者の誰もが同じコトを思ったことでしょう。




イグアス居住地では土日だけ食べられるラーメン屋さんがあることも有名です。


IMG_4758sachipara.JPG


IMG_4761sachipara.JPG


冷やし中華だってあるんですから!


IMG_4762sachipara.JPG


お豆腐屋さんで買ったお揚げは懐かしいおいなりさんに、勢いで買った大きな白菜は漬物に。


押し石が見つからなかったので、ウィスキーボトルを2本乗せておきました 笑


IMG_4785sachipara.JPG


IMG_4788sachipara.JPG




当たり前の和食も、離れてみるとこんなに素晴らしいものだと感動すら覚えました。


海外生活ですっかり肥えたわたしのカラダも、日本に帰ればまた元通りになるんじゃないかと


淡い期待を抱いてしまった日本人居住地での和食生活なのでした。


< 今日の悟り >
ダイエットするなら和食!

Comment Form

このエントリーのトラックバックURL

http://www.one-plus.net/mt/mt-tb.cgi/323

blog
Share
Bookmark and Share
twitter
サチのつぶやきはこちら twitter
フトシのつぶやきはこちら twitter
僕たちの日記が雑誌に掲載されました。小学館falo BE-PAL10月号増刊