Home » Blog » Sachi's Blog » わたし、ココにいるんだよ

わたし、ココにいるんだよ

11 Jun 2015

帰宅したら3月に沖縄を離れたママ友から手紙が届いていた。


***


1年半前、沖縄に越してきて間もない頃、どうしようもなく寂しい瞬間があった。


それは
自宅でまだ赤ちゃんのむすめといる時でもなく、
夜、静まりかえった部屋に一人いる時でもなく。


買い物へ行ったときに、誰も知り合いがいないこと。
わたしは誰も知らないし、誰もわたしを知らない。


周りは賑やかで、楽しそうで、たくさんの人がいるのに
誰もわたしのことを知る人がいない、そのことを知ってしまう
買い物中がとても寂しかった。


_MG_5434blog.JPG


***


時は経ち、
買い物に行けば誰かしらに会い、
そのままおしゃべりを楽しんだり、そのままお茶だってする。
小児科に行けば誰かしらに会い、「どうしたの~?」「うちもよー」なんて会話になる。


仕事に行けば「お母さん」でもなく「妻」でもなく、「さちさん」でもなく
「松尾さん」がいて、仕事を通して誰かの中に存在している。


***


そうか、沖縄に越してきた頃のわたしは
「わたし、ココにいるんだよ!」って叫んでいたんだ。


自分の存在って、誰かの中に生きていると知ったときに気付くもの。


ママ友からの手紙で、《友人のなかにわたしが存在していた》という事実を知って
わたしはすごく嬉しくなった。


***


待っていても、わたしのことには誰も気付いてくれない。


だから、もっともっと、出て行かなきゃ。


「わたし、ココにいるんだよ」。


「わたし、ココにいたんだね」。

Comment Form

このエントリーのトラックバックURL

http://www.one-plus.net/mt/mt-tb.cgi/809

blog
Share
Bookmark and Share
twitter
サチのつぶやきはこちら twitter
フトシのつぶやきはこちら twitter
僕たちの日記が雑誌に掲載されました。小学館falo BE-PAL10月号増刊