Home » Blog » Sachi's Blog » 自分のためにはしないけれど

自分のためにはしないけれど

01 Jun 2015

ごぼうを切っていると、いつも思う。




あぁ、わたしってまだまだ夫への想いがあるなぁ



と。


ごぼうって、下ごしらえがけっこう面倒。


特に子どもが小さくて手の掛かるうちは、出来れば避けたい食材。


でも、わが家では割とまめに出てくる食材がごぼう。


理由はいたってシンプル。




夫はごぼうが好きだから。




夫はしっかり歯ごたえのあるきんぴらごぼうが大好きだ。


帰宅して晩ご飯を並べ、きんぴらごぼうがあると必ず喜ぶ。


その顔が見たくて、手間が掛かるけれども、せっせとごぼうを切るのだ。




***




わたしはいい妻ではない。


気分屋だし、癒し系でもない。


あぁ、そういえば夫のズボンのボタン付けだってしてないや。


でも、ひとつだけがんばっていることがある。


【料理】。


_MG_9816blog.JPG


他になにも出来ないから、せめて美味しいごはんだけは、と


むすめが夜泣きで大変なときも、仕事をしている今も


むすめを寝かしつけた後、夜にしっかり下ごしらえをして、
夫が帰宅したときに食卓をしあわせの色に彩るようにしている。




むすめがやがて家を出て、いつかまた夫婦2人になり、
夫はおじぃに、わたしはおばぁになったその時までも
わたしはごぼうを切っていたいと思う。


そしてその時も、しわくちゃの夫を想っていたい。


Comment Form

このエントリーのトラックバックURL

http://www.one-plus.net/mt/mt-tb.cgi/807

blog
Share
Bookmark and Share
twitter
サチのつぶやきはこちら twitter
フトシのつぶやきはこちら twitter
僕たちの日記が雑誌に掲載されました。小学館falo BE-PAL10月号増刊