Home » Blog » Sachi's Blog » ジャマイカごはん。~アキソル編~

ジャマイカごはん。~アキソル編~

07 Apr 2013

まず最初に書いておきます・・・。






ジャマイカ、ソウルフードのアキー&ソルトフィッシュ・・・
世界一レベルで美味しいです!!!!!!!






あぁー、なんでこんなに美味しいものがあるんだろー!


あぁー、なんで日本では(ほぼ)食べられないんだろー!


IMG_5325jamaicafood.JPG





・・・と、悶絶するほど美味しい「アキー&ソルトフィッシュ」ってなに??


という方がほとんどだと思いますので、まずアキーという食材から説明させていただきます。


アキーとは西アフリカ原産の奴隷によってジャマイカに持ち込まれた木の実です。


木の実と言ってもフルーツのような甘みはなく、クルミのような濃厚なコクがあり


ジャマイカの食文化では欠かせない存在です。


IMG_5322sachijam.JPG


未熟の状態では猛毒で、外側の赤い皮がはじけると食べられるようになりますが


それでも果肉の下にある膜の部分は取り除かなければいけないこともあり


なかなかハードルの高い食べ物なのです。


缶詰でも流通していますが、それまた結構なお値段で!!


気軽に買える値段ではないのが残念です。


IMG_5435jamaicamarket.JPG


「炒り玉子の食感に似ている」と、玉子でしばしば代用されることがあるようですが






うーーーーーーん・・・・・。






「炒り玉子じゃ・・・ないよね?」と言うのが本音です。


ふわっとした食感は遠くはないですが、あのコクはウニとかカキとかのような


濃厚~なコクなので、やっぱり炒り玉子ではないかな~、、、と思います。


この、長々と説明したアキーという木の実と「ソルトフィッシュ=干し塩鱈」を水で戻したものを


ちゃちゃっと炒めたものが【世界一レベルで美味しい!!!】と絶賛した


アキー&ソルトフィッシュなのです。






まぁ!なんてシンプルな料理!!!笑






でもね!!
でもですよ!!!


そんな猛毒のアキーと、塩鱈なんていう昭和(←ジャマイカだけど)な匂いすら感じる


古風な食材を、合わせようと思ったジャマイカ人!!!


超天才!!!


塩鱈の塩っ気がクリーミーなアキーを包み込んで、まろやか~だけどパンチのある


ステキ過ぎる料理が出来上がるのです。


ジャマイカ料理には欠かせないタイムやオールスパイスが加えられることもあるようですが


シンプルに油で炒めるだけでもOKです。




【世界一レベルで美味しい!!!】なんて言うものだから


どれだけ凝った、どれだけ珍しい食べ方をするのかと思いきや


こんなにシンプルで落ちもない料理でしたが、ほんとにほんとに美味しいんです!


生のアキーを食べる習慣はジャマイカしかないらしいので、なかなか食べる機会もないですが


もし食べられる機会があればぜひ!!!


オススメです~!!!!!

Comment Form

このエントリーのトラックバックURL

http://www.one-plus.net/mt/mt-tb.cgi/680

blog
Share
Bookmark and Share
twitter
サチのつぶやきはこちら twitter
フトシのつぶやきはこちら twitter
僕たちの日記が雑誌に掲載されました。小学館falo BE-PAL10月号増刊