Home » Blog » Sachi's Blog » この旅最後の地・hawaii

この旅最後の地・hawaii

21 Apr 2013

10日間のアラスカ滞在を終え、私たちはこの旅最後の地・ハワイへ向かいました。


ハワイと言えば「芸能人がお正月に行く場所」というイメージがあったので


実は少しだけ斜に構えた考えを持っていたのは、今となってはお恥ずかしい話です。


そう、ハワイはほんとにほんとに素晴らしく


私たちも今や「世界中で一番住みたい場所」と掲げる地になったほどです。


IMG_9056sachihawaii.JPG



まず向かった島はビックアイランドと呼ばれるハワイ島。


アメリカをカリフォルニアからフロリダまで横断したときには


それなりの日数を要したので、キャンプ道具を揃えたものの


今回はハワイ全体で2週間の滞在だったので、キャンプ道具は揃えずに


大きな車をレンタルしてオートキャンプというスタイルを選びました。


節約のため、という理由ではなく“ハワイの自然をより近くで感じたい”という想いから


こういうスタイルの旅に決めたのです。


IMG_8181sachihawaii.JPG


そのチョイスは見事に大正解!


キャンプ場での出会いや、朝の風、夜が訪れる色、潮の香り・・・。


ホテルに泊まってラグジュアリーな日々を過ごすことはこの先できるかもしれませんが


バックパッカースタイルで今まで2年4ヶ月世界中を旅してきたのだから


最後まで私たちらしく、ハワイを味わいたかったんだと思います。






世界中にはもっと綺麗な景色があるのかもしれません。


もっと大きな滝だって、もっと迫力のある森だって見てきました。


IMG_7170sachihawaii.JPG


青さで言えば、もっと青い海もいくらだってありました。


IMG_7361sachihawaii.JPG


それでも・・・それでも。


目に見えるものじゃなくって、感じる何かが。


ハワイに流れるスピリットが、


私たちだけじゃない、多くの人々を魅了する理由なんだと


来てみて、初めて分かりました。


IMG_9152sachihawaii.JPG




ガーデンアイランドと呼ばれるに相応しい、愛情いっぱい手入れされたような


カウアイ島。


IMG_9261sachihawaii.JPG


ちょうどアラスカから来た鯨が観測できるシーズンで、海を眺めていると


ダイナミックにジャンプをする鯨たちを楽しむことも出来ました。




世界中のサーファーを虜にするオアフ島の波。


地元の新聞には「○フィートの波に乗った!」と、ごくごく普通にサーフィンのことが


書かれているのもステキです。


また、多くの観光客が訪れるのもこのオアフ島ですが


ブランドショップが多く集まる中心地は、ギュッと一部に集まっていて


車で少し走らせればローカルの人たちがマーケットを楽しんだり


サーフィンを楽しんだりする自然豊かなハワイを満喫できます。


この「中心地は都会だけれども少しだけ離れればすぐに自然がある」という


ハワイだけではなく、アメリカ全体に言える街の形が


私たちがハワイを好きになった理由のひとつでもあります。


オーガニック思考の人々や、日々の生活を大切にしながら自然を愛する人たちも多く


そういった雰囲気もまた「暮らしたい」と思わせるのでしょう。


IMG_8112sachihawaii.JPG


旅をしたかった私たちが、この「暮らす」ということに興味がシフトしていたことに


ハワイは大切な気付きを与えてくれたのです。


この旅は私たちにとってやっぱり必要なもので、そう再確認できたhawaii滞在。


いよいよ帰国を目前に、わたしはいったい何を想うのでしょうか・・・。


Comment Form

このエントリーのトラックバックURL

http://www.one-plus.net/mt/mt-tb.cgi/687

blog
Share
Bookmark and Share
twitter
サチのつぶやきはこちら twitter
フトシのつぶやきはこちら twitter
僕たちの日記が雑誌に掲載されました。小学館falo BE-PAL10月号増刊