Home » Blog » Sachi's Blog » やっぱりメキシコ料理って奥が深い

やっぱりメキシコ料理って奥が深い

28 Apr 2012

※前回からの続きです。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * 


では、実際メキシコ料理がどんな風に奥が深いって?


今回はそんな「奥が深いポイント」のご紹介をしたいと思います!!


IMG_8812mexrest.JPG


* * * * * * * * * * * * * * * * * *



まず、使う食材のバリエーションの多さ!


野菜はもちろんのこと、香辛料、チレ(唐辛子)、果物、トルティージャ、パンetc・・・。


本当に多種多様な食材を使うんです。


中でも果物を料理に使うって、イメージ的に中華のパイナップルや


サラダに入っているみかん、ハンバーガーのパイナップルなどのイメージがありますが


正直・・・うーーーん!どれも好きじゃなーい!・・・んです。(すみませんっ!!)


けれども、メキシコ料理で使われる果物の使い方は、今までの


「果物→料理!?えー・・・!」という苦手意識を吹っ飛ばしてしまうくらい自然にマッチしていて、


それからと言うものごくごく自然に料理に果物を用いるようになりました。


こういう、今までのものをガラっと変えてしまうような衝撃というのは


すごいものですよね!


また調理方法も独特です。


トマトやバナナなどを鉄板で焼いたものと(!!?バナナを焼くーーー!?)


香辛料を油で炒めたもの(!!)を合わせたりして、業務用のミキサーで混ぜます。


IMG_8829mexrest.JPG


業務用のミキサー???


私も最初は「???」でしたが、ソースを作るための大量の材料をミキサーにかけたり


コーヒーを大量にミルしてくれる専門のお店がメキシコにはあります。


モーレを作るために必要な材料の下拵えが済むと、このお店にミキサーをお願いしに


行きます。


意外といつも混んでいるのでしばらく待つと、しっかり丁寧に洗われた機械で


粉砕を始めます。


IMG_8873mexrest.JPG


IMG_8897mexrest.JPG


材料は見事にペースト状になり、


「これが本当にモーレになるの??」


IMG_8859mexrest.JPG


という材料が、しっかりモーレ(ペースト状)になって出てきた時には


感動すら覚えました。


IMG_8901mexrest.JPG


一度ではまだ荒いらしく、再度粉砕にかけると出来上がりです!


このペーストを油で炒め(場合によってはコンソメスープと混ぜると)


あの美味しい美味しーーーいモーレの出来上がりなのです!

Comment

「メキシコ料理教室」と検索中に偶然出会い、拝見させていただいています。

メキシコ料理はタコスしか知りませんでした。
昔、シウダーファレスで食べたタコスには感動しました!
本場のタコスだ!!と。。。
でも本当のメキシコ料理を知らないのかもしれません。

いつかメキシコ料理教室開いて下さい(^^♪

11 May 2012 | MAYUKO

MAYUKOさん
コメントありがとうございます!



そうですよね!
「メキシコ料理=タコス」ってイメージ、私もそうでした。
実際、メキシコではかなり普通に・・・というか景色のようにタコス屋さんがあります。
でも、タコス以外にも美味しい料理がたっくさんあるので
今後ご紹介していくメキシコ料理の記事も楽しみにしていてくださいね☆



いずれ、世界の料理教室も開催しようと思っているので、その時はぜひいらしてくださーい!

12 May 2012 | Sachi

Comment Form

このエントリーのトラックバックURL

http://www.one-plus.net/mt/mt-tb.cgi/609

blog
Share
Bookmark and Share
twitter
サチのつぶやきはこちら twitter
フトシのつぶやきはこちら twitter
僕たちの日記が雑誌に掲載されました。小学館falo BE-PAL10月号増刊