Home » Blog » Sachi's Blog » ガラパゴスごはん。

ガラパゴスごはん。

23 Jul 2011

1kg・4USDでまぐろが買えてしまうガラパゴス諸島のサンクリストバル島。


こんなに安いと来れば食べない手はない!と、毎日毎日飽きもせず市場に通いました。


うちは基本的には料理は私担当なのですが、実はパートナーも料理が出来るんです。


特に小さい頃から釣りが大好きだったので、魚担当はパートナー!



ということで、ガラパゴスにいる間は主婦業をお休みして、


台所の主導権はパートナーになりました。


そんな時は私は専らアシスタント。


使わなくなったものを洗ったり、下茹でしたり。


ビール片手にまぐろを解体するパートナーの手伝いをしていると


あっと言う間に漬けや刺身などの男料理が出来上がり!


もちろん更にお酒は進むワケで・・・。


そんな贅沢な晩酌がほとんどだったのですが、たまには外食を!と行ったお店の


ガラパゴスごはん。


スープ+メイン+ジュースというランチセットは、ボリビア・ペルーに続き健在です。


今までとちょっと違うのは、sopa de pescado ( 魚のスープ ) にフライの魚が入っていること。


IMG_0801garapafood.JPG


衣がしんなりしてなんだかクセになる、


これ美味しい調理法なのでぜひマネしたい小技でしたね。


メインは魚のスパイス煮込み。


IMG_0808garapafood.JPG


今までの南米でちょこちょこマスタードを煮込み料理に使う料理がありましたが


この煮込みも使ってました。


マスタードの爽やかな酸っぱさとスパイスの深みがよくあっていて、美味しく頂きました。


マスタードを料理のスパイスとして使う小技もマネしたいですね!


余談ですが、私はこういう小技を拝借するのが好きです。


いつか日本でキッチンに立ったときに、


「 ガラパゴスで食べたスープにフライが入ってたな。


 そうだ!今作ってるスープにもフライにした魚を入れてみよう!」 とか


料理の引き出しが増える感覚が好きですねー。




・・・と、まぐろばっか食べていたので、外食をあまりしていないのですが


おまけでガラパゴスの美味しいパン屋さん情報を書いておきます。


アシカと泳げるイザベラ島のメインストリートにあるパン屋さん。


P1000669garapa.JPG


P1000670garapa.JPG


P1000672garapa.JPG


おじぃちゃんおばぁちゃんが切り盛りしているこのお店のパンが素朴で美味しいんです。


物価の高いガラパゴスでしたが、このパン屋さんはそんなに高くもなく


美味しかったので、毎日通っていました。


そして、ここで売っているプリンが特にオススメです!


IMG_0471sachiga.JPG


久々の焼きプリンに感動して、これまた毎日食べていたおじぃちゃんお手製プリンです。




あまりガラパゴスらしい外食をしなかったのですが、


一生分のマグロを食べ尽くした位食べたので満足、満足!


魚が捌ける男性と結婚してラッキ~♪と上機嫌で鼻歌まじりに島を堪能したのでした!

Comment

旦那さん魚さばけるの羨ましいです(´Д`)
魚さばけないんですよね↓↓
日本に帰国したら魚のさばき方をどこかでちゃんと学びたいなと思います。

25 Jul 2011 | 海坊主

海坊主さん
帰国したらうちの夫と釣りに行けば無料で教えてくれますよー!
釣りしてきたものを、帰ってきてすぐ美味しく捌いてくれるから
結婚相手は釣り好き&料理がうまい人がいいと女友達にはオススメしています(笑)

25 Jul 2011 | Sachi

Comment Form

このエントリーのトラックバックURL

http://www.one-plus.net/mt/mt-tb.cgi/490

blog
Share
Bookmark and Share
twitter
サチのつぶやきはこちら twitter
フトシのつぶやきはこちら twitter
僕たちの日記が雑誌に掲載されました。小学館falo BE-PAL10月号増刊