Home » Blog » Sachi's Blog » ママサンドラのセマナサンタ料理教室

ママサンドラのセマナサンタ料理教室

30 Jun 2011

セマナサンタとは、英語で言う 「 イースター 」 にあたりキリストの復活祭です。


この日は祝日になり、各家庭でセマナサンタの日にだけ食べる料理を


せっせと準備します。


旅行しているだけだと、このセマナサンタは




「 交通機関が混む!観光地が混む!!」





と、良い事なしなのですが、ホームステイしていると違った目線で楽しめるので


本当にホームステイはオススメです。


今回はそんなセマナサンタ料理をご紹介したいと思います。




セマナサンタはキリスト復活祭なので、原則一週間前から肉は食べません。


しかし肉に関しては個人や家庭によりけりで、


ママサンドラの家では前日・当日以外は食べていました。


( もしかしたら私がいたからだったのかなぁ。。と今更考えてみたりもしたけど。。)


厳しい信仰者は一週間前から断食って人もいますし、


前日から断食って人はママサンドラの周りにもちらほらいました。


断食明けには、教会で用意されている食事 ( これもまた特別なもの ) を


みんなで頂くそうです。


さて肉を食べてはいけないとなると、魚屋さんにみんな走ります。


この時期は魚も値上がりして、鮮度の悪い魚が出回るので


ママサンドラに散々「 この時期、魚を買う時はよく見るのよ!」 と教えられました。


ママサンドラの家では、魚でダシをとり魚卵をのせたスープが作られました。


IMG_1839sandra4.JPG


これがまーーーた、ほーーーーんっと絶品で、


ママサンドラを日本に連れて帰りたい!!と心底願ったほどの絶品です。


( 今までで一番美味しかったスープ!きっとあれ以上はないとすら思っています。)


この魚卵がセマナサンタ特有らしく、かずのこのような食感が美味しかったです。




肉を食べないと言う特徴の他に、スイーツもたくさん作ります。


まずは 「 アロッス コン レチェ 」。


IMG_1773sandrasemana.JPG


米を牛乳で甘く煮たもので、チャンカカという黒砂糖のようなものを使うのが特徴です。


「 米+牛乳~!!?」 と思う方も多いかと思いますが


トルコのスイーツでもありましたし、以外と世界的に認められたものなのかも!?




マサモーラという紫とうもろこし色のゼリーも欠かせません。


IMG_1769sandrasemana.JPG


ママサンドラの家では ( もしかしたらアレキパ限定かも? )


アレキパでしか取れない 「 メンブリーリョ( 花梨 )」 を入れるのが特徴です。


トッピングはシナモンでしたが、家庭によってはココナッツという家もありました。


IMG_1719sandrasemana.JPG


あま×あま なので、さすがのママサンドラは甘さ控え目に調整していました。


その甘さ控え目が吉と出たのか凶と出たのか、


「 これで終わりにしなきゃ・・・!」 と思うのにも関わらず


なかなか止められずに食べてしましました。。




こうやって世界の季節料理に触れると、日本に帰ったら季節のお料理を


しっかり作って、子供に、子孫に伝えていきたいなぁと思いますよね。


私は世界を好きになるのと同時に、日本がますます好きにもなります。


世界のことを知った分、日本のことも知っていたい!と強く思った


セマナサンタ料理だったのでした。

Comment

アロス・コン・レチェはちょっと口に合わなかったです(´Д`)

世界のことを知ると日本のことを知りたくなるって同感です!
サチさんの子供になる子は幸せですねー
世界中の料理が食べれて(`∀´)

06 Jul 2011 | 海坊主

海坊主さん
たしかに売り物のアロッス コン レチェは美味しかった例がない・・・!
多分、コンデンスミルクと牛乳の比率がミソなんだと思われます☆
その点、ママサンドラのは美味しいですよ~!



うちの未来の子供は幸せかしら?
そう思ってくれるといいんだけどな~
いつか反抗期が来たら、その言葉言ってやってください(笑)

06 Jul 2011 | Sachi

Comment Form

このエントリーのトラックバックURL

http://www.one-plus.net/mt/mt-tb.cgi/475

blog
Share
Bookmark and Share
twitter
サチのつぶやきはこちら twitter
フトシのつぶやきはこちら twitter
僕たちの日記が雑誌に掲載されました。小学館falo BE-PAL10月号増刊