Home » Blog » Sachi's Blog » 完璧!南部アフリカのバックパッカー宿( ナミビア編 )

完璧!南部アフリカのバックパッカー宿( ナミビア編 )

18 Sep 2010

ザンビアのJolly boys backpackersも素晴らしかったのですが


それをも上回る、南部アフリカ断トツ一位に輝く素晴らしいバックパッカー宿が


南部アフリカ、ナミビアの首都・ウィントフックにあります。


「 CHAMELEON Backpackers 」 という名の宿で、Jolly boysよりも落ち着いているので、


少しオトナな感じです。



バックパッカー宿には珍しいカーペットの床は、決して汚れることがない位


一日中、掃除をしっかりしています。


当たり前のようなのですが、普通バックパッカー宿は少々薄汚いことが多いので


「 綺麗 」、それだけでかなりの高得点です。


シャワー室は近代的なデザインで、もちろん綺麗。


そしてしっかりお湯が出ます。


( 余談ですが・・・お湯が出るって、当たり前のようで、すごいことなんですよ~。


旅に出てお湯の凄さを知りました。)


CHAMELEONの素晴らしい所は、水場が多いことです。


至る所に水場 ( シャワーと洗面台 ) が設けてあるので、トイレ待ちも


シャワー待ちもしなくていいんです。


南部アフリカは物価が高いので、おのずとドミトリー部屋暮らしになり


共同トイレ・共同シャワーになるのですが、そこから遠い部屋になってしまうと


水場まで行くのが面倒だったりします。


しかし!ここはそんな心配もありません。


ちょっとしたことですが、数日過ごすのですから結構大きいものです。


ランドリースペースもしっかりあり、干す場所も広々!


南部アフリカお決まりなのか、綺麗なプールとプールサイド。


_MG_4921blogphoto.JPG


夜にはライトアップもされ、プールサイドにあるバーとビリヤードスペースは


なんだかいい感じ。


_MG_4919blogphoto.JPG


少しお高めですがナミブ砂漠やサファリツアーもあるので、


時間のない人はここで全てが済まされます。


何より素晴らしいのはキッチン。


物価の高さからか、キッチン付きの宿がお決まりなのですが


CHAMELEONのキッチンはピカイチ!


お皿の数、お鍋の数、種類、調理器具の種類の豊富さ、フリー調味料・・・


何一つ困ることのない、まるで自分のキッチンのようです。


_MG_4891blogphoto.JPG


_MG_4903blogphoto.JPG


_MG_4905blogphoto.JPG


_MG_4899blogphoto.JPG


通常キッチンが付いているとは言えでも、鍋の数が少ないとか小さいとかで不便したり


電気コンロで調理がしにくかったり、調味料 ( わたしは調味料をたくさん持っていますが


普通のバックパッカーはだいたい塩・コショウだけとか。これだけではそんなに自炊が出来る


はずもありませんが、CHAMELEONにはフリーで使っていい数々の調味料があるのです。)


がなくて、結局パスタとインスタントラーメンの繰り返しになったりするのですが


CHAMELEONではそんな心配がありません。


毎日、本当に楽しくキッチンに立てるのです。


料理好きのわたしには、これが一番の高得点でした!!


料金に含まれている朝食ブッフェも数種類のパンと、マフィン・ジャム・ピーナッツバター


バター・シリアル・牛乳・ジュース・ゆで卵・ヨーグルト・・・とバックパッカーにとっては豪華で


( というよりも、普通朝食つきはないんです ) 朝から大満足でした。


ゴミも分別がしっかりしていて環境対策がなされています。


_MG_4912blogphoto.JPG


「 エコ 」 も、「 環境への取り組み 」 も、「 健康志向 」 もすべて


先進国の普通は、発展途上国の普通ではないんですよね。


フリースペースもゆったりしていて、ダウンライトもいい感じ。


_MG_4925blogphoto.JPG


もう一つ素晴らしいことは、スタッフの距離感。


フレンドリーに話しかけてくれたりはするものの、調度いい。


南アフリカに出発する最後の日には、ナミビアにある宿なのにも関わらず


わざわざ宿代のおつりを南アフリカの通貨でくれました。


国境越え前に次の国の通貨を手に入れられることはとてもありがたいことなんです。


こういうホスピタリィーって、なかなかバックパッカー宿ではお目にかかれません。


それがとても印象に残って、最後の最後までCHAMELEONは最高だったなぁと


思うようになったのです。


ここまで優れていて日本とそれほど物価の変わらないナミビアで、


100ナミビアドル ( 約1200円 ) の宿泊費は激安ですよね!


だからCHAMELEONは南部アフリカで断トツ一位の宿!と思うのでした。


_MG_4914blogphoto.JPG

Comment

1泊1200円なんだ
あまり値上がってないなぁ~
ちょっとビックリ

さてさて本題
アルゼンチンに入国したんだ
今のところ一番好きな国です

是非是非、お肉をいっ~~ぱい食べて下さい
お肉屋さんで「ビュッフェ・デ・チョリソー」買ってみて
サーロインステーキみたいな感じでとっても美味しいから
正直毎日食べてました

それとタンゴは必ず見てね~
めちゃカッコいいから

時間があれば習ってみるのもいいかも

いいな~、俺も行きたいよ~~

21 Sep 2010 | マサ

マサさん
カメレオンはあのクオリティーから考えれば安いですよね。
さて、アルゼンチンですが・・・
牛肉楽しんでます~笑
今日は牛タンparty!
「ビュッフェ・デ・チョリソー」も試してみます。
タンゴは今晩行く予定で、スクールに行こうかなぁとも考えています!!楽しみ!!!

22 Sep 2010 | Sachi

Comment Form

このエントリーのトラックバックURL

http://www.one-plus.net/mt/mt-tb.cgi/239

blog
Share
Bookmark and Share
twitter
サチのつぶやきはこちら twitter
フトシのつぶやきはこちら twitter
僕たちの日記が雑誌に掲載されました。小学館falo BE-PAL10月号増刊