Home » Blog » Sachi's Blog » ウガンダごはん。

ウガンダごはん。

06 Aug 2010

ウガンダのごはんを食べて思ったのです。




「 アフリカのごはんは不味いというイメージを、美味しいに変えたい! 」・・・と。




素材の味を生かした素朴な料理たちは、そう思わせてくれるほどどれも美味しかったのです。



基本的には < 具沢山のスープ + 主食 > がウガンダの食事スタイルで


その具沢山のスープは私たち観光客も食べやすい鶏肉もあれば


_MG_3401ugandafood.JPG

ちょっと挑戦してみた牛の足スープ ( Mulokoni ) もゼラチンたっぷりで臭みがなく


おかわりしたほどの美味しさです。


_MG_3345ugandafood.JPG


これらスープは、スパイス使いのあまりハード過ぎないところが


食べやすさの秘訣かなと思います。


「 G-Nuts 」 ( ピーナッツでしょ?と聞いても、ジーナッツ!と答えられるのですが


英語名のground nutsの頭文字をとったジーナッツなので、やっぱりピーナッツなんですけどね )


を使ったソースをベースにすることも多く、これに野菜を加えてスープ代わりに食べたりもします。


豆のソースなんて今まで想像もつきませんでしたが、これもまたゴマのような


コッテリとした味がクセになり、現地の方に作り方を教えてもらったほどの


美味しさでした!


主食が一番特徴的で、何種類かの芋や穀類を盛り合わせて食べます。


写真左奥から、タロイモ・サツマイモ・マトケ・豆の炊き込みごはん


_MG_3404ugandafood.JPG


キャッサバ


_MG_3353ugandafood.JPG


が主に食べられるものです。


マトケとは食用バナナで、バナナのような甘さはなく、サツマイモのような感じなので


味の濃いスープによくあいます。


それだけで食べても美味しい素朴な味のキャッサバが、一番のお気に入りでした。


屋台ではこのキャッサバを揚げたものが売っていて、地元の子供たちにまぎれて


一緒にキャッサバをかじっていたほどです。


_MG_3396ugandafood.JPG


日本でいうと、サツマイモの天ぷらを想像して頂くといいと思います。


ウガンダは揚げ物の軽食屋台が多く、チップスと呼ばれるものは


日本のさつま揚げのような食感と味で、これもまたチップスを食べるためだけに


わざわざ散歩に出かけていた、ヤミツキになる味でした。


_MG_3457ugandafood.JPG


インドでおなじみのサモサは、ウガンダでは中身がじゃがいもではなく


豆に変わるのですが、豆嫌いのわたしでも美味しく感じる意外なサモサなのでした。




派手さはないものの、材料の味が引き立った素朴な美味しさ。


ちょうど良いスパイス使い。


そして屋台などで食べられる手軽さ。


すべての加減がちょどよく、粗食文化の日本食で育った日本人には


きっとほとんどの人の口にあう味だと思います。


「 主食 = 米 or パン 」 だった今までのイメージも覆され、ウガンダで食べるような


芋類であれば、違和感なく主食として食べることが出来ると思います。


アフリカンフードを作るときがきたら、この芋使いをぜひマネして


素朴な味を再現したい!と思わせる、そんなウガンダごはんなのでした!

Comment

ウガンダのお札やら食文化はFIJIに非常に似ています。
キャッサバフライ懐かしいなーーー

13 Aug 2010 | じゅん

じゅんさん
そうなんだ~!
でも分かる気がするかも。
たぶんウガンダもフィジーもインド文化が流れてるからだと思うんだよね。
それと、地質や気候が似てれば収穫出来るものも似てくるから
必然的に食が似通ってくるんだと思う。
旅してると、料理で世界と歴史を感じることが出来るからおもしろ~い!
でも、お札も似ているってすごいね!
フィジーも動物もりもり??

14 Aug 2010 | Sachi

Comment Form

このエントリーのトラックバックURL

http://www.one-plus.net/mt/mt-tb.cgi/207

blog
Share
Bookmark and Share
twitter
サチのつぶやきはこちら twitter
フトシのつぶやきはこちら twitter
僕たちの日記が雑誌に掲載されました。小学館falo BE-PAL10月号増刊