Home » Blog » Sachi's Blog » 突撃!タンザニア料理教室!! part.2

突撃!タンザニア料理教室!! part.2

14 Aug 2010

ザンジバルごはんの美味しさに魅了され、すっかり食べ歩きコースが定番化した


ある日のこと。


あまりの暑さにヘトヘトになり、よく見かける黄色いジュースを買うことにしました。


旅も長いとは言っても、火の通っていない水分は避けていたので


この手のジュースを飲むことはあまりないのですが


乾いた喉が謎のジュースを欲していたので、一杯だけ飲むことにしたのです。



_MG_3763tanzaniafood.JPG


何のジュースか聞くと、 「 アボカド 」 と答えるのですが


エチオピアで飲んだような正真正銘アボカドジュース!という色ではないので


アボカドじゃないでしょ~と疑いながら飲むと、


やっぱりアボカドの味はしません。


けれども、何かも分からないのですが、爽やかな甘みとピリっとスパイシーな味が絶妙で


想像をかなり超えて美味しい!!


結局正体が分からないまま、1日2回そのジュース屋さんに通う日々が続いたある日、


店先で何かを作ってる様子だったのでのぞいてみると、どうやら何かのジュースを


作っている様子。


食べ物を作っている所に出くわしたら120%、 「 ちょっと見せてね! 」 と


見学するので、今回も同じようにお願いしてのぞいていると


アボカドをミキサーにかけていました。


この時点では、まさかあのジュースが出来るとは思っていなかったのですが


だんだん色が近づくにつれ、毎日飲んでいるあのジュースを作っていることに


気付きました。


驚きと興奮でドキドキしながら見ていると、何かの果実を煮込んだ汁を漉して


さっきのアボカドに加えました。


_MG_4041tanzaniacook.JPG


_MG_4045tanzaniacook.JPG


_MG_4053tanzaniacook.JPG


何かと聞いてみると、バオバブツリーの実だそうです。


この時点でガックリ。。。


バオバブツリーの実・・・日本にはないじゃないですか~!


日本で再現出来ないことを悲しく思いながらも、ここからどうやったらあの味になるのかは


最後まで見届けたいので引き続き見ていると、お次は生姜の搾り汁!


これか~!と思わず日本語で反応すると 「 ??? 」 とビックリされながらも


謎のスパイシーさの正体が分かりニンマリ。


そして、最後の謎 「 異常に黄色い色 」 の正体は、黄色の着色料だという


意外な結末に驚き、見学を終えたのでした。




日本にない材料 「 バオバブツリーの実 」 を使っていることに落胆しながらも


あの天然の甘さと、少しの粘り気に似た他の果物があるのじゃないかと、


食べ物に関してだけは特別執着しているわたしは、日本に帰って再現出来る術を


探すべく、ネットで調べることになるだろう。。と確信したのでした。


あの美味しさを日本でも楽しめることを期待して・・・!!

Comment

サチさんの好奇心と探求心はホントすごいな~

前回の世界一のスープってところで同じタンザニアで俺もメチャクチャ美味しいスープに出会ったから「あのスープだ!!」と思ってみたら違うスープでした(笑)

もう名前も忘れたけどまた飲みたいです

今度行くことがあればサチさんお勧めのスープもいただいてみますね


では、では~

14 Aug 2010 | マサ

マサさん
他にも美味しいスープがあったんですね。
う~、飲みたかったです!悔しい!!
わたしの食べ物への思いはもの凄いですよ 苦笑
好奇心と探究心と言って頂ければ聞こえはいいのですが
むしろ、「執着心」の方が合ってる気がします。
美味しいものに出会ったらとりあえず「教えて!」と言いますからね。笑

14 Aug 2010 | Sachi

Comment Form

このエントリーのトラックバックURL

http://www.one-plus.net/mt/mt-tb.cgi/211

blog
Share
Bookmark and Share
twitter
サチのつぶやきはこちら twitter
フトシのつぶやきはこちら twitter
僕たちの日記が雑誌に掲載されました。小学館falo BE-PAL10月号増刊