Home » Blog » Sachi's Blog » エチオピア生活。

エチオピア生活。

25 Jul 2010

エジプトもアフリカとは言え、随分とツーリスティックでアフリカを感じることは


あまりないので、実質エチオピアから 「 アフリカだ~! 」 と言う気分でした。


行く前に抱いていたアフリカのイメージは??


実際行ってみたら思い描いていたアフリカのイメージはどう変化したのか!?



今回はエチオピアについてご紹介したいと思います。




アフリカと言えば暑い!


・・・そう思っていたのはわたしだけではないと思います。


エチオピアは赤道近くに位置するのですが、1500m級の高地にあるので、


夏の軽井沢のように涼しく過ごしく、


日中は半袖と薄手のシャツ、日が沈めばジャケットを羽織るくらいの気温です。


この地形が、「 アベベ 」 を始めとする優秀なマラソン選手を多数輩出する


秘密の一つかもしれませんね。


暑いアフリカを想像していたので拍子抜けしましたが、旅しやすくて良かったです!!




アフリカと言えば、サバンナ!


そう思っていたのですが、エチオピアはサバンナではありませんでした。


日本の田舎のように山々が連なり、緑の色が濃く、とても綺麗で


懐かしさを感じるその景色に、長時間移動も悪路もまったく苦にならないほどでした。


それでも、土は赤土なので、車が巻き上げる赤い砂埃を見ては


「 あぁ!これぞアフリカ・・・! 」 なんて嬉しく思っていたものです。




エチオピアは人類誕生の地と言われながらも、発展のスピードはゆっくりで


昔ながらの生活をしている地域がほとんどです。


牛の糞を乾燥させて作った壁、わらで作った屋根の家、


IMG_7943blog.JPG


学校に行かず家畜の世話など、家族の手伝いをする子供も多く、


IMG_7958blog.JPG


電気がない地域が多いので、夜明けと共に一日が始まり、日が暮れたら一日が終わる。


だからなのか、長距離バスは夜明け共に出発!


これは旅しにくい点でもあったのですが、「 郷に入れば郷に従え 」


・・・と言うか、従うしかないのでエチオピアにいる間はこの旅で一番、


太陽と共に生きる生活をしていました。


大変そうに見えますが、忙しい日本から見れば、ちょっとマネしたいところでもあります。


街でみんなが楽しそうにやっている青空卓球もまた、心のゆとりなのでしょうかね。


IMG_8002blog.JPG




アフリカ人特有の縮れた髪の毛は、みなさん綺麗に編みこんでいます。


日本では特殊技術と呼ばれるこれらの編みこみヘアーも、


ここアフリカでは、どの家庭もお母さんが編んでくれる、ごく普通のことです。


聞いてみれば、どんなに凝ったデザインの編みこみでも1週間で編み直すそうですから


どこの国でも、女性のお洒落心というものは素晴らしいですよね。


_MG_2564blog.JPG


_MG_2597blog.JPG




「 アフリカの人々 = 大きくて迫力がある 」 というイメージがありましたが


エチオピアに限らず東アフリカの人々は、日本人と同じくらいの背丈で


しかも、エチオピアの人に限っては ( たまたまなのか、でもいつも! )


力があまり強くない男性が多くて、なんだか微笑ましかったくらいです。


わたしがいつも背負っている30kg弱のバックパックを、バスの荷台に載せるために


荷物を渡すと 「 オットット!!! 」 という感じで、みんな重そうにするので


「 だ・・・大丈夫!? 」 といつもハラハラしていました。


この手の場面では、今までどこの国の男性も頼もしく軽々と持ち上げていたのに・・・!


それでもエチオピアの人々は特に愛嬌たっぷりなので、見慣れない肌の色にも


すぐに慣れて、アフリカを大好きになるキッカケを作ってくれたのでした。




考えてみれば、アフリカもずいぶん大きな大陸なので


イメージ通りじゃないことがほとんどなワケですよね。


新たな大陸は、人も景色もすべて新しく、


どんなに朝早くても、どんなに悪路でも、


いつも目を真ん丸くして、身を乗り出し見ていました。


好奇心とはまさにこれなのか!と言わんばかりに、ワクワクが止まらない、


子供のような気分にさせてくれたエチオピアなのでした。

Comment Form

このエントリーのトラックバックURL

http://www.one-plus.net/mt/mt-tb.cgi/202

blog
Share
Bookmark and Share
twitter
サチのつぶやきはこちら twitter
フトシのつぶやきはこちら twitter
僕たちの日記が雑誌に掲載されました。小学館falo BE-PAL10月号増刊