Home » Blog » Sachi's Blog » エジプトごはん。

エジプトごはん。

19 Jul 2010

( パスタ × 豆 × 米 ) + ミートソース = コシャリ!!


この炭水化物攻めの料理、コシャリがエジプトの国民食です。


いつもどこかで必ず誰かが食べているくらい、み~んなコシャリ・コシャリ・・・!


単純な味なのですが、微妙にパスタや豆の割合が違うので、


お気に入りの店なんかも出来てきちゃいます。


IMG_6749ezyptfod.JPG


そして、コシャリの魅力は、テーブルに備え付けのシャッタと呼ばれる


ラー油に似た辛い油と、カルと呼ばれるお酢を好みでかけ、


トッピングでフライドオニオンやミートソースを足したりして


自分好みの味に出来ることなんです!!


このコシャリと似ている 「 ターゲン 」 というモノもあります。


_MG_2409ezyptfood.JPG


ターゲンは、ペンネにミートソースをかけたモノで、わたしはコシャリよりも


ターゲンを好んでよく食べていました。


コシャリ屋さんにターゲンも置いてあることがほとんどなのでオススメです!


美味しいコシャリ屋さんは、地元の人が賑わっているので一目瞭然です。




エジプト料理は、コシャリ以外中東料理とほとんど同じで、


豆のペースト 「 フンモス 」 や、揚げナス 「 バシンジャン・マクリー 」、


ナスのペースト 「 ババ・ガンジューヌ 」、ひよこ豆のコロッケ 「 ファラフェル 」 などを


食べます。


IMG_7413ezyptfood.JPG


他の国と違うことは、海があるので魚介類が安く食べられること!


ダハブでは夜になると、どの店もこぞって美味しそうな魚介類を店頭に陳列します。


_MG_2284sachiezypt.JPG


大きくカットした白身魚のフライも格安で食べられ、


カイロの街中でも、エビを揚げたものをピタパンで挟んで食べていました。


_MG_2303ezyptfood.JPG


このエビの揚げたものに限らず、エジプトでは何でもピタパンに挟んで食べるようで、


他の中東諸国と同じく、米食文化ではなくパン食文化なんですね。




大陸ならではの、他の中東諸国と似た食文化もあれば、なぜエジプトに限り


食べられるようになったのか、不思議なエジプト国民食のコシャリ。


そんなたくさんの不思議が、世界中からここエジプトに憧れを抱き


人を集めるのでしょう。


いつもなら調べてしまうところですが、このままエジプトの風に身を委ね


不思議のままとっておくのもいいかな~、なんて思ってしまうエジプト料理なのでした。

Comment Form

このエントリーのトラックバックURL

http://www.one-plus.net/mt/mt-tb.cgi/198

blog
Share
Bookmark and Share
twitter
サチのつぶやきはこちら twitter
フトシのつぶやきはこちら twitter
僕たちの日記が雑誌に掲載されました。小学館falo BE-PAL10月号増刊