Home » Blog » Sachi's Blog » イランごはん。

イランごはん。

23 May 2010

イランに行ったことのある人々が必ず口を揃えて言う言葉。


「 イランは本当に人がいい。優しくて、ホスピタリティー精神に溢れていて・・・。


最高なんだけど、一つ、困ったことがある・・・。」




「 ごはんがまずい・・・。」




世界のごはんを食べつくすぞ!と、旅をしているわたしには、これは大問題です。


みんな口を揃えてまずいと言う、イラン料理ってなんだろう!?


どうなっちゃってるんだろう!?


そんな不思議な興味を持って、イランへ向かったのでした。




「 3泊4日3000kmの国境越え 」 日記で書いたように、ちょっと頑張ってイラン入国!


そのときに食べたサンドイッチは美味しかったです。


ひとまず、ホッと一安心です。


さて、3泊4日の移動でクタクタ、限界を超えた空腹。


この状態であれば、何を食べても美味しいはず・・・ですよね?


そんなちょっとした期待を胸に、宿で勧められたレストランに行き、


英語メニューの中から 「 シチュー ( イラン名ではゴルメサブジ )」 と、


「 ケバブ&ライス 」 を注文し、待つこと10数分・・・。


シチューという名の見た目を大きく裏切る緑色のドロドロしたスープ。


「 食べてみないと分からない! 」


・・・そうなんですけど、見た目からして、噂の真相を確信してしまった気がします。


おそるおそる口にすると・・・。




うん。




まずいです 笑


美味しくないと言うか、食べられないレベルです。


神様、ごめんなさい。わたし、これは食べられません。。


どういう風に美味しくないかと言うと、野菜の苦味がそのまま残ってしまっているのと


香辛料の臭みが、口元に持ってくるだけで 「 ギ・・・ギブアップ! 」 って感じです。


もう1つ注文したケバブ ( イラン名 キャバーブ ) も、ケバブの羊肉の臭さと、


香辛料の強さにノックアウトです。


わたし・・・完敗です。


その後、何か食べなければと、食べたインスタントラーメンがどれだけ美味かったことか。




それでも、偶然そのレストランが口に合わなかっただけかも?


なんて、懲りずにまた淡い期待を抱いて翌日もトライ!


写真を見て選べるお店で、美味しそうなチキンを見つけて迷わず注文!


IMG_4883iranfood.JPG


「 モルク 」 と呼ばれる鶏料理。イランでは炙り焼きとトマト煮込みが主流のようです。


運ばれてきた見た目は美しいモルクを早速頂くと・・・。




んん!!?




食べられる 笑


まずくないです!かと言って美味しいわけでもないんですけどね 苦笑


味が濃そうに見えますが、トマトの味かどうかも分からないくらいの薄味なので


塩を振らないと味気ないです。


一緒に頼んだ、イランではよく見かけるごはん「 チェロウ 」。


IMG_4889iranfood.JPG


チェロウは 「 白ごはん 」 という意味で、黄色いごはんはサフランライス、


赤い実はザクロ( ゼレシュク )です。


見た目はお祝い料理のようで美しいですよね!


インドと同じバスマティ米なので、日本の米のように粘り気はなく、パラパラしています。


バスマティ米の香りは好きなのですが、イランのチェロウは更に、油と塩をまぶしてあるので


ちょっとコッテリ。


バスマティ米、個人的にはそのままの方が好きですね。。。


晩御飯にはお米を食べることが一般的だそうですが、朝ごはんにはいろいろな


種類のパンが食べられます。


北インド料理は、イランやアフガニスタンの食文化の影響を受けているので、


イランのナン・ラヴァッシュというパンが、インドのナンの原型だと言われています。


しかし、インドでは各家庭でナンやチャパティを手作りすることに対して、


イランでは、「 ナンワ 」 と呼ばれるナン屋さんで買ってきて食べます。


このナンワなんと!国営のパン屋さんなので、破格の値段 ( 数円 ) で美味しいパンを


買えるそうです。


なんとも羨ましい話ですよね~。


IMG_5442iranfood.JPG


この大きくて ( 1mくらい! ) 薄いパンに、チーズや自家製ジャム、ハーブなどを


いっぱい巻いて食べるのがイラン流、朝ごはんです。


実際、2泊したお宅のママの手作りジャムもとっても美味しくて、


何枚も食べてしまったほどです。




まずい!まずい!!と連呼してますが、おうちごはんはとっても美味しいんです。


なぜ、あんなに外食が美味しくないかと言えば、「 外食文化がない 」 からだけなんです。


イランの人でさえも、「 外食はまずい 」 と言い切ってたほどです。


エスファハーンのママが作ってくれたイランの代表的な料理「 ゲイメ 」は


お肉もプルプルで、素揚げして煮込んだナスも、上にのっているポテトも


スープ自体の味も、バランスのとれた味で、今までまずいまずいと思っていたことを


反省したくらい美味しかったです。


IMG_5123iranfood.JPG


キッチンをのぞかせてもらいましたが、すごい量のスパイス!!


IMG_5107iranfood.JPG


すべて教えてくれましたが、この中で日本で普通に使っているものは


たったの13種類だけでした。


イラン料理は、「 酸っぱい味 」 が好きで、だいたいどれもレモン or トマトベース


なのですが、これほどのスパイスを使いこなすと、エスファハーンのママのような


美味しい料理が出来るわけなんですね。


でも、ちょっと失敗してしまうと、香り高いスパイスがマッチせず、


「 香り高い 」 でなくて、ただ 「 臭い 」 だけになってしまうんだと思います。




イランは素材の味がいいので、生の野菜をガジガジ食べます。


しかも、ほとんどは無農薬栽培だそう!!これも羨ましい話ですね。


それなら、確かに生のまま食べたくなりますよね。


ですので、食卓には豪快に生野菜がデ~ンと並びます。




「 イラン料理はまずい 」。


この噂の真相は、「 イランの外食はまずい 」 に訂正したいと思います。


家庭料理は美味しいんですから!

 
ヒメウイキョウ、タラゴン、チョウジ・・・。


聞いたことのない香辛料をたくさん使い、中東・アジアに大きな影響を与えたイラン料理は、


「 まずい! 」 では片付けてはならない奥深さがあることを知りました。


香辛料のことを勉強しなおして、もう一度イランのママに家庭料理を教えて欲しいな、


そんな風に思うイラン料理なのでした。

Comment

イランの外食はそんなに不味いんだ?!笑
食べられないくらいって相当だね。。。

イランのママさんは皆こんなにたくさんのスパイス使ってるの?
これだけの種類を自由に使いこなせたら、すごい料理上手になれそうだね!

24 May 2010 | あいぼん

あいぼんさん
イランの外食はお世辞にも美味しいとは言えない味だよぅ。。
イラン料理を勉強してみると、本当に聞いたことのない香辛料ばっかで、チンプンカンプン!
味も想像出来ないから、太刀打ち出来ませ~ん。。
たぶん、どこのうちでもそれなりの種類の香辛料があるんじゃないのかな~??
あれを全部使いこなせたら、すごいよね!

24 May 2010 | Sachi

「イランの外食はまずい」に賛成!!
うちらがお世話になったおうちのご飯もおいしかったなぁ。
でもさすがだねーあのイラン料理をここまで分析するなんて 笑

ところで、ダハブ入りました!
何するでもないけど、気持ちいい時間が流れてるよー。
のんびりお待ちしております☆

26 May 2010 | MAKOTO&YUKA

MAKOTO&YUKAさん
2人だったら、イラン料理に関して共感してくれると思った!笑
わたし達は明後日カイロに帰り、親を見送ったら、白砂漠とオアシスに行くことにしたので
ダハブに着くのは、6月4日頃になるかな!ちょっと遅い?2人とスレ違っちゃうかなぁ!?
ダハブ楽しみ~!中東、エジプト観光を弾丸で来た分、ちょっと疲れ気味~。。
ダハブで癒されることにしよう☆
だから・・・待っててね♪

27 May 2010 | Sachi

そっかーそしたらスレ違っちゃうかもな~!
ダハブは沈みきる前に脱出しないとと思って 笑
うちらもいつまでいるかまだわからないけど、会えたらいいね!
白砂漠とオアシス楽しんでね!

27 May 2010 | MAKOTO&YUKA

MAKOTO&YUKAさん
そっか~そうだよね~沈んじゃ困るもんねぇ 笑
きっと、またどこかでヒョッコリ会える気がするしね☆
enjoy ダハブ♪

27 May 2010 | Sachi

Comment Form

このエントリーのトラックバックURL

http://www.one-plus.net/mt/mt-tb.cgi/158

blog
Share
Bookmark and Share
twitter
サチのつぶやきはこちら twitter
フトシのつぶやきはこちら twitter
僕たちの日記が雑誌に掲載されました。小学館falo BE-PAL10月号増刊