Home » Blog » Sachi's Blog » ヘナ のち 花飾り 時々 ヨガ

ヘナ のち 花飾り 時々 ヨガ

17 Mar 2010

インドに来たからにはやってみよ~!!


まずは、日本でもご存知の方も多いヘナタトゥー。


ヘナタトゥーって、インド人女性のおシャレなんだと思っていたんですけれでも、


それだけでなく、「 旦那様の幸福を祈る 」 という意味があるんだそうです。


「 旦那様を祈る祭り 」 に引き続き、こんなに旦那様に関したことが立て続くとは、


私には祈りと感謝が必要だ!という思し召しだと理解し、真摯な姿勢で挑んでまいりました!!


ブンディーでお世話になったママがいつも頼んでいる女の子にやってもらうことにし、


デザインも全ておまかせ。ママから、14,5歳くらいの女の子の紹介を受けると


座ったと同時に、迷いもなく潔く描き始めました。


IMG_0625sachiindia.JPG


IMG_0641sachiindia.JPG


ある程度デザインがあるんでしょうけれども、その書く早さと言ったら職人芸で、


左腕から始まり、あっと言う間に指先まで仕上がりました。


特別何もオーダーしなかったものの、彼女が若い女の子だったからでしょうか。


インドならではのデザインながらも、かわいらしいデザインがどんどん描かれていきます。


IMG_0655sachiindia.JPG


英語の話せない彼女は、時折 「 これでいい? 」 と言った感じで顔色を伺ってくるので


ニッコリと 「 good!」 と言い、そのまま続けるようにお願いすると、


1時間もしないうちに完成!!


IMG_0690sachiindia.JPG


IMG_0695sachiiindia.JPG


このヘナタトゥー。植物染料なので、しばらく洗わずこのまま放置しておかなければならないのは


知っていたものの、いざ 「 どのくらいこのままにしておけば良い? 」 と聞いてみると


明日の朝まで水に触れてはダメ!と。。。


「 えぇぇぇぇぇ~~~!!? 」


指先までしっかり塗るのはデザイン的にどうかなぁ、と悩んだものの、


それが旦那様の幸福を祈るトラディッショナルと聞けばその通りにやってもらうしかありません。


おかげで身動きがとれなくなった私は、頭がかゆければパートナーにかいてもらい、


何か取って欲しければ取ってもらい、完全にその一日中パートナーは私の召使いのように


振舞わなければならない羽目になってしまいました。


ということで旦那様の幸福を祈るはずが、旦那様を召使いにすることになってしまったのです。


ヘナタトゥー・・・。インド奥様たちの家事放棄のいい言い訳になりますね。笑


IMG_1021sachiindia.JPG




ヒンドゥーの女性はいつも綺麗な花の髪飾りをしています。


IMG_8777sachiindia.JPG


私もそれをマネしようと市場で購入し、「 みんなと同じようにして! 」 とお店のおねぇちゃんに


言うと、ササッとつけてくれたものの大爆笑。


なんで笑われているか分からないものの、まぁ笑ってくれるならいいさ!とそのまま街を


練り歩くと、いたるところから 「 Nice!」「 Good!」 とお褒めの言葉が飛んできました。


ふふ~んと気を良くしていると、おばちゃんが寄ってきて花飾りを腕に巻いてプレゼントして


くれたのです。


IMG_0455sachiindia.JPG


毎日、花を飾る余裕・・・心のゆとり、見習いたいものです。




青く美しいガンジス河が流れるヨガのふるさと、リシュケシュ。


ビートルズもここに来てヨガをしたくらい、ヨガのさかんな街です。


そんな街にいるならヨガをしなきゃね!と友人オススメのアシュラム( 道場 )へ。


時間は、目覚ましのいらない贅沢な暮らしをしているわたし達にはちょっと早い8時半開始。


うっかり2度寝をしてしまって気付いたときには3分前。


久々の焦りに一瞬何をしていいか分からなくなったものの、サッと顔を洗い


急いで待ち合わせ場所へ。


みんな、眠気まなこをこすりながらの出勤です。


通されたのはガラス張りの部屋で朝日がサンサンと降り注ぎ、ヨガをしなくても


いるだけで気持ちの良い場所。


先生は上下、白い服を着た40歳くらいのインド人男性で、


インドの人にしては珍しく気難しい顔をしているので、ちょっと緊張が増します。


まずは横になってリラックス。


そこからヨガの王道ポーズ・太陽礼拝や、コブラのポーズなど4, 5個のポーズをゆっくりですが


流れるようにポージングします。


先生はさも簡単にしていますが、私には普段伸ばすはずのないところを伸ばしているので


苦痛で嫌な汗が出ます。


眉間に皺を寄せながらもどんどん早くなっていくスピードに、いつギブアップ宣言をしようか


考えている内に1ターム終了。


・・・ホッとしました。笑


それだけで終わるわけもなく、次のポーズにさくさく進みます。


さっきよりも難易度upして、元気いっぱいなキャラとは相反して


筋肉のない私には絶対出来ないようなポーズが目の前で繰り広げられます。


嫌な汗も通り越して、もう泣きたい気分。見た目通り手厳しい先生は私をサポートして


なんとかそのポーズをさせようとしますが、「 出来ない・・・! 」 泣きそうな私には


英語を話す余裕なんてまるでなく、必死に日本語で訴えました。


すっかりおいてけぼりの私は、すっかり高くなった太陽の光を浴びながら、


呼吸を落ち着かせ、見学に徹したのでした。。。


アシュラムから帰ってすぐ、「 もう、ヨガなんて出来ない!! 」 と宣言した翌々日。


アストロジー( 占星術 )で 「 あなたは前世でgood dancer だった、ヨガをやると良い! 」


と言われ、ヨガやらない宣言もむなしく、ヨガに追われることとなったのでした。




長旅になると新鮮味や感動ってどうしても薄れてきちゃうので、たまにこうやって新しいことや


体験を取り入れていくとリフレッシュされて、より一層旅がカラフルになり楽しくなります。


人生がカラフルでハッピーになるように、いつでも心開いて世界を受け止めたいと思います!

Comment

へナ、上手な子に描いてもらえて良かったですね~!
可愛いデザイン。

>心を開いて世界を受け止めたい
その心意気、天晴れ!!
Sachiさん、デリーにお立ち寄りの際は
ぜひぜひご連絡くださ~い。

....って、もうそろそろ次の国へと
移動なさる頃なのかな??

23 Mar 2010 | Blue Lotus

Blue Lotusさん
そうなんですっ。。
実はもうギリシャにいるんです。。。
Blue Lotusさんのお店はデリーだったんですね?
今回は行けなかったものの、世界一周グルっとしたあとの1年半後、
またインドに戻る予定ですので、その時にお邪魔したいです☆

28 Mar 2010 | Sachi

Comment Form

このエントリーのトラックバックURL

http://www.one-plus.net/mt/mt-tb.cgi/113

blog
Share
Bookmark and Share
twitter
サチのつぶやきはこちら twitter
フトシのつぶやきはこちら twitter
僕たちの日記が雑誌に掲載されました。小学館falo BE-PAL10月号増刊