Home » Blog » Sachi's Blog » タイ料理教室

タイ料理教室

13 Nov 2009

この旅で、「 世界の料理を習得する!」 と、いうのが目標のうちのひとつ。


早速、タイ料理を学ぶために料理教室へ行ってきました!


はい、もちろん英語の授業ですけど?


いいんです、気合いで!笑




前日に予約を済ませ、


電子辞書と筆記用具を握りしめ、意気揚々と料理教室へ。

IMG_3064.JPG

英語が分からないものは仕方がない!笑顔が大切よね!!


「Good morning~♪」と、陽気に挨拶したものだから、


ぶわぁ~っと英語で話しかけられて、「うっ。」と、おじけづいたけど、


「あぁ、なるほど。コレね?」と、


あらかじめ書いてきたエントリーシートを渡した代わりに、


英語の教材を渡された。


始まるまであと30分はある!


ここからの集中力は受験以来のモノだったのではないだろうか。


教材の分からない単語を端から電子辞書で調べ、記入を繰り返し、


一文理解する。


・・・の繰り返し、繰り返し・・・。


汗だくになりながら、続々と到着する他の生徒さんにも


「Good morning~♪」と、アイソを振りまき( コレ大切。) 、


書き込みだらけのもはや原型をとどめてない、自分しか分からない教科書を作り上げた。




もうやることはやった!( あきらめ早い )


実践は楽しんでやろう!!


先生の自己紹介から始まり、続いては10人いる生徒さんの自己紹介の番。


幸い1番最後だったので ( 幸いと言うか、たぶん先生のやさしさ。) 、


前の9人の言葉をよ~~~~~く聞いて、自分に当てはまるとこだけ変えて、


無事自己紹介を終えた。


アイルランド人、イギリス人、フランス人など、ほとんどがヨーロッパ人で、


日本人は自分1人。


168cmある自分をやけに小さく感じる1日の始まりだ~。




近くのマーケットへ行き、タイの主な食材の説明を受け10分間の自由時間。

IMG_3077.JPG

IMG_3084.JPG

何かのユニフォームのようなまっ黄色のTシャツに、


まっ青なハーフパンツを履いたマレーシア人のごっついおばちゃんが、


いたいけな日本人の私によくちょっかいを出してきた。


きっと普段であれば「 やっかいだなぁ・・・.。」と、


思ってしまいそうなおばちゃんが ( ごめんなさい!)


英語の苦手な私には、本当に助かった。


そんなおばちゃんとのやりとりで10分は過ぎ、みんなで教室へ戻った。




本日のコースは6種類。


まずはタイ料理の中でも代表的な「パッタイ」。


日本で言う、焼きそばのようなものだ。


先生は自分と同じ年頃で、はつらつとしていて好印象。


私でも分かるような簡単な英語で説明をし、


何より身振り手振りだから言葉を理解しなくてもだいじょうぶかも 笑


時折り、先生が「 Keep smiling~♪」と、言ってくれるので場がなごむ。


IMG_3140.JPG


使う食材や切り方、下準備が違うだけで、そんなに難しいことはなさそうだ。


IMG_3117.JPG


と、思っていたら隣のフランス人。


「細かく切る。」と、指示があったのに、ぶつ切りだったけど 笑


この頃にはリラックスをして、みんなでわきあいあいと話しながら、


あっと言う間に1品出来上がりだ。


この調子で1品食べたら、次をまた作って・・・と、


約1時間おきに1品食べ続ける。。。


コレ、けっこうきついんです 苦笑




食べている周りの欧米人を見ていると、反応はみんな似ていて


「 Spicy?」と、辛いかどうかをとっても気にしている。


「!!欧米人さん!!タイ料理が辛いのを知っていて、習いに来たんじゃないの!?」


と、心のなかで猛烈につっこみながらも、


「 Yes,Spicy... But!」と、砂糖の存在を伝えるのだった。




タイ料理を習って分かったのだけれども、


タイ料理は、辛ければ砂糖を。


塩っけが足りなければ、ナンプラーを。


辛みが欲しければ、チリを。


酸味が欲しければ、お酢を。


と、言った具合で簡単にどんな料理でも自分好みの味に変えられるのだ。


そのため、タイ料理屋さんのテーブルにはこれらが必ず用意されているようだ。


日本にいるときはそれらを使ってなかったけれども、


日本のみなさん、もしためらって使ってなかったらぜひ使ってみてください!




この日は他に、ソムタム( 青パパイアのサラダ ) 、トムヤンクン、


レッドカレーペースト、カオソーイ( カレーヌードル ) 、ココナッツのデザートを


作り、すべて美味しく作ることが出来た!


必死になってメモを残したので、きっと日本に帰っても作れるはず!?


これからも各国でおいしい料理を学んでくるので、


2年後に日本に帰るのを楽しみにしていてください 笑




作ったものの一部です。お粗末で恐縮ですが・・・。


ソムタム ( ためらわずにチリと砂糖をい~っぱい使うのがコツ!)

IMG_3137.JPG


カオソーイ ( 念願の!笑  KANJANAさんにはまだ遠いです・・・。)

IMG_3171.JPG


あ~楽しかった♪

Comment

すごいねー!!一人で習ったんだよね?その間ダディは?
全部で何品作ったの??楽しそう♪
わたし、タイ料理大好きなんだけど、ナンプラーとか使い方がわからないし、なかなか難しそうで作ったことがないよ。
帰ってきたら是非本場の味を伝授してください★^^

13 Nov 2009 | あいぼん店長

ウマそ〜!
ちぃちゃんが見たら、言うだろうね(笑)
カオソーイをご飯にかけて食いたいな。そっちやっぱタイ米?パラパラ?
腹減ったー! 

14 Nov 2009 | 丸坊主

あいぼん店長♪

全部で6種類作ったよ!

レッスン代が高いから、相方はお休みでした。
でも心配でのぞきにきたけど 笑

タイ料理簡単だよ!とか言っちゃったけど 笑
ナンプラー使いも砂糖使いもコツを得れば
和食よりも楽チンだと私は思う!
帰るのをお楽しみに☆

15 Nov 2009 | Sachi

マスバン
おっ!いいセンス☆
カオソーイとカオニャオ (もち米)をセットで頼んで、
残ったスープにもち米を浸して食べてるよ!

こちらはタイ米。
パラパラで、タイ料理にはよくあうよ!

15 Nov 2009 | Sachi

Comment Form

このエントリーのトラックバックURL

http://www.one-plus.net/mt/mt-tb.cgi/48

blog
Share
Bookmark and Share
twitter
サチのつぶやきはこちら twitter
フトシのつぶやきはこちら twitter
僕たちの日記が雑誌に掲載されました。小学館falo BE-PAL10月号増刊