Home » Blog » Sachi's Blog

Sachi

12 Aug 2015

最近SUPにハマっている。


ビーチからエントリーして、大海原にたゆたっていると
広い広い地球の中の 自分の小っちゃさを知る。


波にゆらゆら、揺られるがままに浮かんでいると
自分がどんなにあがいても、もがいても
どうにもならないことがあることを気付かされる。
・・・というか、見せ付けられる。


「あぁ、もうわたしの負けです」と、言わざるを得ない
圧倒的な感じ。


ちょっと重心がズレれば、途端にボードから落ちてしまうし
逆に深呼吸してココロが静かになると、不思議なほどボードも動かない。




もう、まったくもって、そう。そういうことなんだ。




そういうことなのに、わたしは
「努力でどうにかなるんじゃないか!」ともがき
誰に言われた訳でもないのに、勝手にどつぼにはまって
息ができないくらい苦しくって、苦しくって。


「誰か助けて、わたしを救って」って声を出そうとも、出てこない。


もうどれだけそんな日々が過ぎていっただろう。


ある時SUPでyogaをしていると、優しく光が舞い降り
わたしを包み込み、わたしの痛い部分をくるんで
海に流していってくれた。


たぶん、かなり妄想だけど、そういう感じ。




あぁそっか。
どうにもならないんだ。


へー、あー・・・なるほどねー。




その瞬間から、わたしの中のちくちく痛んでいた異物が
わたしの一部に、完全になった。


受け入れるって、いっちばん難しい。でも一番の愛情表現だ。


それは【他人のことを受け入れる】でもそうだけど
【好きになれない自分を受け入れる】こともまた、
自分への最上級の愛情表現。


「こんなはずじゃないのに!」
「こうなりたい訳じゃない!」


そんな自分の、そんな環境も
時としてどうにもならない時がある。


それは努力でも、根性でもなく
それはもうすでに決まっていることで。


諦める訳じゃなくって、受け入れる。
「もうお手上げです。その通りです」みたいな。


アルケミスト風に言えば「マクトゥーブ」。
《それはもう書かれている》ことな訳で。


でも、じゃぁ今までのもがいたことが無駄だったかと言うと
まったくそんなことなくって、それもすでに書かれていたこと。
すべてが今へ繋がる道で、すべて意味がある。


スマートに近道を選べないわたしは
もう、どうしたって、もがいて、悲しんで、涙の1つや2つくらい流さないと
辿り着けない。


でも、今は。
そんなわたしでも好き。


今は、そんなわたしを受け入れてる。


_MG_5370.JPG

Category: Comment (0) | Trackback (0) | Permalink

21 Jun 2015

今、夜中に茄子を揚げています、わたし。


夫の大好物の茄子の揚げ浸しを作るために。


虫の音と、寝室から時折聞こえるむすめの寝言、


そして夜中に料理する時のお決まりBGM・HIROSHI FUJIWARAのピアノを聴きながら


もくもくと、ただ、細く切った茄子を揚げ続けています。


それは、料理という作業でなく
それは、わたしにとって、一種の愛情表現で。


起きたときに冷蔵庫を開けて喜ぶ顔が見たくって。
「美味しい」のシグナル、止まらない箸が見たくって。


時計の針はもうすぐ1時になってしまうけれど
「そうだ」と思いつき、大根を下ろし始める。


みぞれの揚げ茄子で、また、更に喜んで欲しくって。




やっぱりわたしにとって、料理は、作業でない。


やっぱりわたしにとって、料理は、大好きな時間だ。

Category: Comment (0) | Trackback (0) | Permalink

20 Jun 2015

むすめがお風呂からあがってきてそのまま抱っこで寝てしまった。


裸んぼでスースーと寝息をたてている姿が
かわいくって、愛おしくって。



あぁ、そういえば抱っこでねんねも
赤ちゃん時代に比べたら全然少なくなったし


あぁ、そういえば赤ちゃんの時よりも
こんなに大っきくなって、こんなにしっかりして。




たまにうっすら目を開けて、わたしのことを確認して
ちょっと微笑んで、また眠りの世界に戻っていく。


こんなにも安心しきった顔しちゃってさ。


思わず


「ありがとー」


・・・わたしをお母さんにしてくれてありがとーって、ぎゅっと強く抱きしめて
そしてそのまま起きるまでずっと抱っこしちゃったよ。




赤ちゃんの頃に比べたらずっしり重くって
起きた頃には肩がパンパンで。


その痛みさえも、なんだか心地よくって。


わたしは満ち足りた気分だった。

Category: Comment (0) | Trackback (0) | Permalink

11 Jun 2015

帰宅したら3月に沖縄を離れたママ友から手紙が届いていた。


***


1年半前、沖縄に越してきて間もない頃、どうしようもなく寂しい瞬間があった。


それは
自宅でまだ赤ちゃんのむすめといる時でもなく、
夜、静まりかえった部屋に一人いる時でもなく。


買い物へ行ったときに、誰も知り合いがいないこと。
わたしは誰も知らないし、誰もわたしを知らない。


周りは賑やかで、楽しそうで、たくさんの人がいるのに
誰もわたしのことを知る人がいない、そのことを知ってしまう
買い物中がとても寂しかった。


_MG_5434blog.JPG


***


時は経ち、
買い物に行けば誰かしらに会い、
そのままおしゃべりを楽しんだり、そのままお茶だってする。
小児科に行けば誰かしらに会い、「どうしたの~?」「うちもよー」なんて会話になる。


仕事に行けば「お母さん」でもなく「妻」でもなく、「さちさん」でもなく
「松尾さん」がいて、仕事を通して誰かの中に存在している。


***


そうか、沖縄に越してきた頃のわたしは
「わたし、ココにいるんだよ!」って叫んでいたんだ。


自分の存在って、誰かの中に生きていると知ったときに気付くもの。


ママ友からの手紙で、《友人のなかにわたしが存在していた》という事実を知って
わたしはすごく嬉しくなった。


***


待っていても、わたしのことには誰も気付いてくれない。


だから、もっともっと、出て行かなきゃ。


「わたし、ココにいるんだよ」。


「わたし、ココにいたんだね」。

Category: Comment (0) | Trackback (0) | Permalink

06 Jun 2015

しばらく、むすめの朝食に悩まされていた。




・・・食べない!




というか、朝起きてからのグズりが半端じゃない。


なんなら小一時間はグズっている。


もちろんわたしの朝の仕事ははかどらない。


まぁ、それも見越して朝の仕事は全部夜中に済ませるから、なんとかなるんだけれども。


にしてもグズる!食べない!!


・・・結果、保育園で10時くらいには「ごはん食べたい-」ってなる。


それを保育士さんに言われると「いや・・・わたしもがんばってるんですけど・・・」ゴニョゴニョ・・・みたいな。




果物でもいいんですよ?なんでも、なんとか食べさせて!←保育士さん




うーん、そうかぁ。
果物かぁ・・・。


・・・と、しぶしぶバナナやりんご、キウイなどをあげる。


まぁ、食べますよね~。美味しいもんね~。




寝る時間が遅いんじゃない?って。
いやぁ、うち20時くらいには寝るんです。
6時前後には自ら起きてくるから、起こしたこと一度もないんです。


運動が足りないんじゃない?って。
いやぁ、なんなら朝から散歩行ってるくらいです。


_MG_0007blog.JPG




わたしの理想はですよ?


出汁とって、野菜いっぱいいれた味噌汁と、雑穀米やらキヌアやらいれたごはんと魚でも
食べて欲しいんですよ、朝は!


そうしていて、食べていた時期もあったんだけどなぁー。うーーーん。


果物ねぇ・・・。


果物ねぇ・・・。


・・・とスムージーにしてあげたり、玄米シリアル食べさせたり
あれやこれやとやってるうちに行き着いたのは、




起きてすぐ、むすめのテンションがあがるものをとりあえず食べさせる!!




たとえば果物の盛り合わせとか、バナナジュースとか、ゼリーとか。


これをほんのちょっとだけ、ほんのちょっとだけしかあげないんだけど
起きてすぐそれを発見するだけであんなに悩んでいたグズりも
食べない~と言っていたのもなくなり
好物でテンションがあがるのか、なんなのか
その後の和食をスムーズに食べてくれることに気付いた!


一般的には、そしてわたしの固定概念では
「甘いものは食事のあと」だったんだけど
思い切ってコレを崩してみたら、うちのむすめには効いたみたいで
好物を食べたあとに、ちゃんと食事を摂れるようになったー。わーーーん!涙


ほんのちょっとしかあげてないから、食事には差し障りがないのかな?


まぁ、自分に置き換えてみても、朝は気持ちよく迎えたいし
好きなもの食べたいよなぁーって。


ちなみに、フルーツジュースやゼリーは手作りです。
甘いものをあげることは妥協したけど、やっぱりこれは妥協できないところで。
てんさい糖のグラニュー糖も近所には売ってないから、わざわざネットで買って~、
豆乳やら野菜ジュースやらでゼリー作っておく訳ですよ。
来週は、甘酒スイーツにしようかな。


***


正しいことは分かっていても、育児にはしばしばそれが我が子には
当てはめられないこともある。


理想と、妥協と、理想と、妥協と。
・・・の無限ループ。


その中でもほんの少しの「これだけは!」は大切にしながら
まぁまぁの母親になっていきたいと思うのであります。

Category: Comment (0) | Trackback (0) | Permalink

01 Jun 2015

ごぼうを切っていると、いつも思う。




あぁ、わたしってまだまだ夫への想いがあるなぁ



と。


ごぼうって、下ごしらえがけっこう面倒。


特に子どもが小さくて手の掛かるうちは、出来れば避けたい食材。


でも、わが家では割とまめに出てくる食材がごぼう。


理由はいたってシンプル。




夫はごぼうが好きだから。




夫はしっかり歯ごたえのあるきんぴらごぼうが大好きだ。


帰宅して晩ご飯を並べ、きんぴらごぼうがあると必ず喜ぶ。


その顔が見たくて、手間が掛かるけれども、せっせとごぼうを切るのだ。




***




わたしはいい妻ではない。


気分屋だし、癒し系でもない。


あぁ、そういえば夫のズボンのボタン付けだってしてないや。


でも、ひとつだけがんばっていることがある。


【料理】。


_MG_9816blog.JPG


他になにも出来ないから、せめて美味しいごはんだけは、と


むすめが夜泣きで大変なときも、仕事をしている今も


むすめを寝かしつけた後、夜にしっかり下ごしらえをして、
夫が帰宅したときに食卓をしあわせの色に彩るようにしている。




むすめがやがて家を出て、いつかまた夫婦2人になり、
夫はおじぃに、わたしはおばぁになったその時までも
わたしはごぼうを切っていたいと思う。


そしてその時も、しわくちゃの夫を想っていたい。


Category: Comment (0) | Trackback (0) | Permalink

30 May 2015

必要最低限なモノだけで生活していた旅をして頃。


バックパックに詰まったモノだけで生きていけることを知り
帰国後しばらくは必要じゃないモノに囲まれて生活したくなかった。


「それだけで生きていけるなら、それだけでいいじゃない」




***




時は3年ほど経ち、わたしは母になった。


そのわたしが今思うのは


「必要じゃないモノは選んだ分だけは必要」ってこと。


【必要なモノ】というと、ほんとに最低限。




でも生活していると
摘んできた野花を生ける花瓶はあったほうがいいし
流行じゃなくても、好きな洋服をまとっっていたい。
いつも使うグラスは、お気に入りのものがいいし
気分をさわやかにしてくれるアロマも、たまには新調したい。




必要か必要じゃないかって言われたら【必要じゃないモノ】も
毎日を気持ちよく暮らしていくためにはやっぱり、必要で。


そういうモノたちを、丁寧に選んで暮らしていきたい。




***




もうひとつ主婦には必要なモノ。


雑談。


子どもを育てる前は、スーパーや街角で立ち話しする奥様に
正直共感はなかった。
《立ち話し=おばちゃん》みたいな方程式が自分の中にあったし
きっと無意識に子どもを育てる前のわたしは
「あぁはならない!」と思っていた。


でも、今は【立ち話しは必要!】と言い切れる。


仕事を始めて、その雑談の必要性を知った。


仕事をする前は、毎日同じメンバーで集まってみんなで子どもを遊ばせて
そこであーでもないこーでもないと話していたことが今となっては
「こんなにも大切だったのか!」と思ってる。


それは「どこのスーパーが安い」とか、日々のちょっとした知恵に始まり
子どもの成長の相談・・・など多岐にわたるけど
そういった情報もそうだし、なによりもその時間が大切。
絶対必要なモノではないけれど、《人と話す時間のゆとり=心のゆとり》なんだと思う。


IMG_3832blog.JPG
※大好きなうさちゃんをずっと抱っこしていたくて、バスタオルで巻いているむすめ。




母という職業には四六時中子どもの時間で、自分の時間なんてない。


女性は共感のイキモノ。


夫に心配事や愚痴言ったところで意見を言われてしまう。


そうじゃない、女は共感して欲しいだけなんだ!


そこのところ女性同士はいい。


ちょっとしたことでも「そーだよねぇ、わかるー!」と言ってもらえる。


あぁ、そうそう、その言葉が欲しかったんだ、ってホッとする。


育児は仕事のように緊張感のあるものではないけれど
仕事のように終わるときは来ない。
赤ちゃんのときなんて、ブラック企業どころじゃない残業と夜勤の連続。
いくら待っても休日なんて来ない。
達成感もなければ報酬もないけど、ただただ愛おしい我が子のために
出来てしまう偉業。


そういうお母さんという仕事には、絶対!ゆとりが必要なんだな。


独身時代のわたしには分からなかったけど
必要か必要じゃないかって言われたら【必要じゃない雑談】も
毎日を気持ちよく暮らしていくためにはやっぱり、必要で。


そういう時間を大切に暮らしていきたい。


Category: Comment (0) | Trackback (0) | Permalink

26 May 2015

面倒だなぁ、と、時々自分で思う。


仕事を始めると、むすめと一緒にいられる時間が限られる分
逆に一緒にいる時間はしっかり向き合って、接していられる。


「あ~、たまにはひとりにして~」と思っていた頃とはまったく違って
短い時間の充実度はとっても高い。


IMG_3404blog.JPG


仕事は仕事で、スピード感や緊張感、達成感・・・
育児になかったものがたくさん得られる。


今は、育児と仕事のバランスがわたしにとってちょうどよく
日々充実している。


2歳まで思う存分育児できてきたから、だから今、こう思えるんだと思う。


保育園にいれるまではなんだか長時間離れることが怖かったけど、慣れって怖い。


保育園に入れたことで「離れることもできる」と知ってしまうと
「あぁ、あれがやりたい。これがやりたい」とたくさん浮かんできてしまう。


今では我慢してるつもりはなかったけど、無意識に「今は無理だ」と思っていたんだと思う。


そして離れている時間、、、趣味の時間、自分の時間が充実してくると
今度はそれはそれで、
「もしかしたら今、この時間、むすめはわたしに会いたがってるのかもしれない
 一緒にいてあげた方が良かったのかな」
などと考え出してしまう。


むすめには生きる楽しさを、親がそうしていることで伝えていきたい。


言葉じゃなく、生きている姿で見せていきたい。


その反面、ベッタリ一緒にいてあげたほうがいいんじゃないのかな?
とも今も思うこともある。


適度な自分時間で、いつもニコニコのお母さんをしていたいけど
適度というのはどんなものなのか、まだまだ分からないまま今日も過ぎていく。

Category: Comment (0) | Trackback (0) | Permalink

22 May 2015

むすめが体調を崩してグズグズの時
わたしから離れないものだから、夫が家事をこなしていてくれた。


ある朝。


むすめはやっぱりずっとわたしの抱っこじゃなきゃダメでお弁当も作れない、朝ご飯も作れない。
お皿も洗えないし、洗濯も干せない。


あげてみれば、あげてみるほど




できない」ことだらけ。




いつも通り正確に進んでいく時計を眺めては
「はぁ」とため息をつき、焦るばかりだった。




ある日。


午前は夫が仕事を休みむすめの看病を、わたしが仕事へ。


出掛けに
「洗濯機の中の洗濯ものもそのままでいいし、シンクの洗い物もそのままでいいからね!」
と言い放って、わたしはパタパタと慌ただしく出勤して行った。


午前の仕事を終え、帰宅すると散らかってると思っていた部屋は綺麗で
洗い物は済んでいて、洗濯物は干してあった。


更に美味しそうなランチも、なんなら晩ご飯の下ごしらえさえ済んでいた。


むすめは意外と楽しそうに遊んでいる。




嬉しさと一緒に、わたしの中には挫折感がたちこめてきた。




わたしだったら・・・


グズグズしているむすめに手一杯で家事なんて出来なかっただろうし
グズグズしているむすめにイライラだってしていたかもしれない。


この差はなんだろう・・・。


夫のほうがよっぽど






いいお母さんだ。






今まで、叶えたいと思うことは叶えられてきたし
立派でなくても、達成したいと思ったことは達成できてきた。
要は振り返ってみれば後悔はないし、挫折したことがなかったのかもしれない。




わたしはきっと「いいお母さん」になりたいんだ。


_MG_0041blog.JPG




「いいお母さん」になる必要がないって分かっていても
丁寧なごはんを作ってあげたくって、それをいつもちゃんと食べて欲しくって
テレビを見ないで外で遊ばせてあげたくって、
おやつも手作りのものを食べさせたくって、
夜も20時には寝かせてあげたくって。


そして、そんな理想のお母さんのわたしは
いつもニコニコしている


・・・はずだった。


でも、一日中べったりされると「もうやめてー」とも思うし
声だって大きくなってしまう。


ニコニコしてるはずのわたしは眉間に皺を寄せて、困った顔ばかりしている。


そんな自分に嫌気がさして、むすめを抱きしめて泣いたりだってする。


泣いてるわたしをむすめは逆に「だいじょうぶ?」と抱きしめてくれる。






それだけで、それだけでいいじゃない。






ちゃんと人を思いやれる子に育っているじゃない。


そんなつもりはなくても、わたしはわたしに多くを望んでいて
そして、それをむすめにも求めていたのかもしれない。


育児は、人生で初めての「思い通りにならない経験の連続」で
挫折とのたたかいなのかもしれない。


こんなにも「できない自分」と向き合わなくちゃいけない、この大変さ。






「いいお母さん」ってなんだろう。






それはまた、答えのない質問で
それはまた、きっとずっと考え続けるのかもしれない。


Category: Comment (0) | Trackback (0) | Permalink

11 May 2015

体調が悪いからかむすめのグズりがひどい。


「ギュー(だっこ)して~」「ギューして~」と一日中言われていると


最初は「はいよ~」とだっこしてたのが、そのうち
「ちょっと待って~」、そして「待ってってば!」と少し声が大きくなってしまう。


そんな自分にハッとすると、


むすめは「待ってるぅ・・・」と素直に足下でちょこんと待っている。




あぁ・・・ごめん。。




あなた以上に大切なことは何もないのに。


つい皿洗いとかしようとしたのが悪かった。
別に皿なんて洗わなくったって、なんてことないのに。


寝付いたむすめの寝顔に
「ごめんね」と、たくさんの「ありがとう」をしていると
「おかーしゃぁん、ちゅー」と寝ぼけてちゅーしてきた。


***


子どもは、きっとわたしがむすめを想っているよりも
もっともっと、母のことが大好きで
どんな母でもわたしを受け入れてくれている。


愛を与えてるようで
わたしは今日もむすめからたくさんの愛をもらっていた。


_MG_9968blog.JPG


Category: Comment (0) | Trackback (0) | Permalink

1234567891011



blog
FEED

 RSS

Bookmark and Share
twitter
サチのつぶやきはこちら twitter
フトシのつぶやきはこちら twitter
僕たちの日記が雑誌に掲載されました。小学館falo BE-PAL10月号増刊