Home » Blog » Futoshi's Blog » ラスタマンの休日

ラスタマンの休日

25 Apr 2013

キューバからマネーロンダリングとタックスヘブンで有名なケイマン諸島をへて


辿り着いたのはカリブ海のZIONジャマイカ。



ジャマイカの首都キングストンと言えば、


本場カリブの海賊も唸るほど世界でも治安の悪い街として有名なところ。


それでも来たのはやっぱり本場のレゲエを、ルーツを聞きたいから。


出来るならエチオピアでは見れなかったナイアビンギ(ラスタの宗教行事)なんかも見てみたい。


そんな期待を胸にキングストンの街までやってきたのだけど、


どうやらそんな自分の妄想はここではかなり時代遅れだったみたいで、


1990年代の僕が過ごした青春時代の甘酸っぱい記憶は


ここジャマイカでも同じように過去のものとなり、


いま一番イケテル音楽はHIP-HOPなのだとか。。。。。


とは言っても、レゲエが廃れたわけではなく、他の音楽と


融合して新しい形のスタイルが中心になってきている。


そんなことは事情通なら常識なのだろうけど、、、、


1950年代を今に生きるようなキューバから来た事もあるだろうけど、


とにかく街で流れる音楽も街も人も車のスピードも想像を遥かに超えていて


ちょっと一呼吸おくために、今でも比較的ゆるく昔の面影が残るといわれる


ネグリルへと行く事に。


IMG_5913.JPG


着いたところは高い建物もなく、目の前にはエメラルド色のカリブ海。


なんだかようやくジャマイカに着いたようで、正直ほっとする。


IMG_4647.JPG


宿の近所のやーまんなブラザー達はひがな何をする訳でもなく、


家の前の椅子に座ってまったりゆっくり。


毎日、同じメンツに出くわすので、いったい兄貴達は何をしてるのか


聞きたくなったけど、ラスタマンにそんな質問は無粋というもの。




なんて答えるんだろうって興味はあったけれど、胸の中にしまっておいた。




そんなこの村では、サトウキビジュースを売ってるブラザーも


それを飲むブラザーもみんな自称ミュージシャン。


IMG_5482.JPG


サトウキビをかじりながら、今日ライブがあるから見に来ないか?


なんて誘われてみたり。


ここでの日課は青いカリブ海を見ながら砂浜を散歩すること。


時々車からもれてくるレゲエミュージックを聞きながら


今日は何を食べようか?っていうのにたっぷり時間をかけて悩んでみたり。


あれ、これっていつも会うラスタマンたちとやっていることがかわらない?


こんな所にいると写真を撮るのも一仕事になってしまって


すっかり見慣れたラスタマンたちを撮る気になれない。


でも、どうしても気になる人がひとり。


IMG_5395.JPG


絵になるというか、ネグリルの村の景色とひとつになって溶け込んでいるというか、


うまく説明はできないけど、まるでその人自身がそこにある自然のひとつのような


不思議なオーラをもっていた。


頼みこんで撮らせてもらった彼の目。


IMG_5392.JPG


けして鋭くはないのだけれど、なにかを達観しているようで、


インドのサドゥーとはまた違う何かを彼の瞳から感じた。

Comment Form

このエントリーのトラックバックURL

http://www.one-plus.net/mt/mt-tb.cgi/690

blog
Share
Bookmark and Share
twitter
サチのつぶやきはこちら twitter
フトシのつぶやきはこちら twitter
僕たちの日記が雑誌に掲載されました。小学館falo BE-PAL10月号増刊