Home » Blog » Futoshi's Blog » フィルムの中の景色

フィルムの中の景色

08 Apr 2013

街を歩くキューバの人にとっては日常の風景。


しかし異国から来た旅人にとってはそこはかとなく郷愁をそそり、


この見た事もないはずの景色に懐かしさすら感じてしまう。




ハバナの街を走る1950年代の車たち。


cubaIMG_3153.JPG


cubaIMG_3929.JPG

cubaIMG_3117.JPG


cubaIMG_4569.JPG


cubaIMG_3964.JPG


cubaIMG_3407_1.JPG


cubaIMG_3414.JPG


中身は相当にガタがきているだろうが、大切に整備されていて


往年の艶と貫禄を感じさせる。


cubaIMG_4450.JPG


脇道に停められたこのサイドカーももちろん現役。


cubaIMG_3112.JPG


cubaIMG_3949.JPG


今はなかなかお見かけしない三輪車も立派な市民の足になっている。


cubaIMG_3375_1.JPG


道端に並ぶ本もどこか懐かしい。


そうやって彷徨っているといつの間にか


街灯のないキューバの街は月明かりに照らされていた。


cubaIMG_4411.JPG

Comment Form

このエントリーのトラックバックURL

http://www.one-plus.net/mt/mt-tb.cgi/681

blog
Share
Bookmark and Share
twitter
サチのつぶやきはこちら twitter
フトシのつぶやきはこちら twitter
僕たちの日記が雑誌に掲載されました。小学館falo BE-PAL10月号増刊