Home » Blog » Futoshi's Blog » YELLOWSTONE 1

YELLOWSTONE 1

09 Nov 2011

前回の訪問地、ブライスキャニオンからイエローストーンまでは北へ向かって


約700マイル(1100km)、時間にしてゆうに15時間は越えるロングドライブ。


当初、アメリカの広すぎる国土を前に、往復で2日間、距離にしても2000km以上も


プラスされるイエローストーンは予定から外していた。




にも関わらず、すっかりアメリカの国立公園の素晴らしさに魅了された僕たちは


アメリカで最も有名で象徴的な国立公園を前に見逃すことは出来ず、


直前で進路を変更し、交代で車を走らせることに。


ロッキー山脈がちらほらと見えてくるその道中の風景も新鮮なものばかりで、


写真を撮るため、たびたび車を停めてしまう。


usaIMG_3890.JPG


usaIMG_3887.JPG


usaIMG_3405.JPG


usaIMG_3400.JPG


usaIMG_1942.JPG


usaIMG_2016.JPG


1000kmドライブの末にたどり着いたここイエローストーン国立公園は


アメリカ初の世界遺産であり、また世界初の国立公園としても知られている。


その広大な敷地は四国の約半分8984㎢にも及び、


年間に訪れる観光客も330万人を超えると言う。


ある本では4日以上滞在するのがベストと推奨するほど、


この公園の魅力は広大な敷地にちりばめられている。


全部を周るルートで行くと、距離にして260km。


園内の制限速度で走るだけで、5時間も掛ってしまうほどに大きく、


実際1日で満喫できるほどの規模ではないので、できればじっくりと時間をかけて周りたい。


まず今回ご紹介するのは、イエローストーンで最も有名な場所と言ってもいいこの二つ。


ひとつは吹き上げる大間欠泉(ガイザー)。


usaIMG_3281.JPG


近くにいる人間と比較するとその大きさが分かる。


usaIMG_3584.JPG


写真はOld Faithful Geyser.


その名の通りほとんど一定の噴出時間、間隔、高さ(30~55m)を保っている。
園内には1万ヶ所にも及ぶ温泉、間欠泉、泥泉があり熱水現象の中心地とも言われる。


もうひとつは航空写真で有名なGrand Prismatic Springをはじめとする温泉群。


エメラルドブルーの温泉と周囲を彩るビビッドな色のバクテリア達。


usaIMG_3642.JPG


usaIMG_3634.JPG


usaIMG_3596.JPG


usaIMG_3593.JPG


usaIMG_3339.JPG


もちろんイエローストーンの魅力はこれだけではありません、が、


今回ははいくつかに分けてお届けします。


その最後は、公園の主といっても過言ではない存在感を誇るバイソンの写真で締め。


というわけで本日のバイソン。


usaIMG_3693.JPG


usaIMG_3797.JPG


usaIMG_3725.JPG


usaIMG_3748.JPG

Comment Form

このエントリーのトラックバックURL

http://www.one-plus.net/mt/mt-tb.cgi/535

blog
Share
Bookmark and Share
twitter
サチのつぶやきはこちら twitter
フトシのつぶやきはこちら twitter
僕たちの日記が雑誌に掲載されました。小学館falo BE-PAL10月号増刊