Home » Blog » Futoshi's Blog » パナマックス

パナマックス

05 Oct 2011

パナマと言えば・・・・


真っ先に思い浮かぶのがここ、パナマ運河ではないでしょうか?



その長さは80kmにおよび、南北アメリカ大陸を分断するように走るそれは


世界最大規模の建設物。


この運河の特徴は、なんといっても高低差を埋める閘門(こうもん)と呼ばれる方式。


中央部と海岸部の高低差のある区域を水門で区切り、


水を抜いたり、注入することで高低差を埋めるやり方。


panIMG_8755.JPG


panIMG_8779.JPG


ここでは、横幅ギリギリの船は自力航行が出来ないので、


両側に敷設されたレールを走る電気機関車でけん引される。


panIMG_9913.JPG


このパナマ運河を通れる最大のサイズをパナマックスと呼び、


実際、ここを運行できる前提として設計される貨物船も多い。


panIMG_9902.JPG


ここの通行料は、トン当たりで何ドルという計算に基づかれて算出されるが、


今まで最も低額の通行料は1928年にパナマ運河を泳いで渡った


アメリカの冒険作家リチャード・ハリバートンが支払った36セントとか。


最高額に関しては年々更新されており、現在2014年完成を目標に拡張工事も進んでいる。

Comment Form

このエントリーのトラックバックURL

http://www.one-plus.net/mt/mt-tb.cgi/520

blog
Share
Bookmark and Share
twitter
サチのつぶやきはこちら twitter
フトシのつぶやきはこちら twitter
僕たちの日記が雑誌に掲載されました。小学館falo BE-PAL10月号増刊