Home » Blog » Futoshi's Blog » 地球最後の秘境・ギアナ高地

地球最後の秘境・ギアナ高地

06 Aug 2011

秘境と言われる場所はこの世界に数多く存在する。


ただ地球太古の姿が残る秘境と言えばここしかないだろう。



ベネズエラの南東、ブラジル国境に程近いギアナ高地と呼ばれる場所。


ここはシャーロック・ホームズでおなじみのアーサー・コナン・ドイルが書いた


「THE LOST WORLD」-失われた世界-の舞台ともなった地としても知られている。


ここは20億年前の地層が今も残る地球最古の岩盤。


2億5000万年前から始まった地球の地殻変動の際に、ここが回転の軸になったことから


このあたりの岩盤だけが地上に残り地球太古の記憶を今に留めている。




「20億年前の記憶を留める地球最古の大地」




「テプイと呼ばれる1000m近く切り立った断崖絶壁のテーブルマウンテン」




「恐竜が未だ存在するかもしれない前人未到の大地」




そのフレーズのどれもが痺れるほどに僕の感覚をビリビリと刺激する。


この旅で地球が織りなす自然の凄まじさ、そして美しさを目の当たりしてきた僕にとって、


ここはもうどうしても外せない場所のひとつになっていた。


そして向かったのがギアナ高地最大のテーブルマウンテン、ロライマ山。


垂直に切り立つテーブルマウンテンを5泊6日かけてトレッキングするのだ!!


日本人、ドイツ人、ロシア人、スペイン人を合わせたパーティーは麓の街から


4WDのランクルで2時間ほど走り、サバンナ地帯へ。


ロライマの玄関口となる村で昼食を取った後、ついにロライマへ向けて出発する。


*今回のトレッキングの模様は先入観を持ってしまうより
想像力を膨らませていつか訪れて欲しいという思いから
あえてモノクロの写真を多く使うことにしました。




初日はなだらかな平地を4時間ほどかけてトレッキング。


rorIMG_8475.JPG


雲から溢れる光の柱。


rorIMG_8489.JPG


目指すのはあの頂き。


ror1IMG_8519.JPG


はっきりと見えてきたロライマ山(右)とクキャナン山(左)


rorIMG_8526.JPG


自然が造り上げた壮大な光景に人は絶句する。


ror1IMG_8492.JPG


休憩をはさみながら一歩一歩。
ロライマが着実に近づいている。


rorIMG_8528.JPG


rorIMG_8485.JPG


rorIMG_8498.JPG


2日間かけてロライマの麓に辿り着く。


ror1IMG_8542.JPG


ギアナの絶景が見渡せる彼の特等席。


rorIMG_8644.JPG


いうまでもなく絶景のキャンプ地


ror1IMG_8550.JPG


そして翌日はとうとう山頂へアタック。
一見、断崖絶壁にしか見えないロライマの壁。
写真でみるとわずかに山頂へ至る緑のルートが見える。
明日は本当にここを登るのだ。


rorIMG_8598.JPG


*次回は麓周辺と山頂の模様をお伝えします。

Comment

おぉ!!絶景ですね!!!
そして3つのフレーズ、どれも本当に刺激されます。

今回の旅行でルートに入れなかったギアナ高地、次はメインで考えてます。その時はブログの情報と写真を参考にさせて頂きますね :)

14 Aug 2011 | Tatsuya

元気そうだね

月日の経つのは早いね。

俺も2人目が産まれたよ。

体に気をつけて残りがんばって。

14 Aug 2011 | Taku

tatsuyaくん

達成感も含めると、ここが南米一かもしれないよ。
ロライマを見て自然の前の人間の小ささを感じるとともに、
一歩ずつでも進めば、達成できるっていう感覚を
味わえました。
いつかロライマの絶景を楽しんできてね!!


takuくん

旅は順調そのものだよ!!
二人目の子もすくすく育っているかな?

帰国したらHUGしに行くんで待っててね~

14 Aug 2011 | Futoshi

Comment Form

このエントリーのトラックバックURL

http://www.one-plus.net/mt/mt-tb.cgi/500

blog
Share
Bookmark and Share
twitter
サチのつぶやきはこちら twitter
フトシのつぶやきはこちら twitter
僕たちの日記が雑誌に掲載されました。小学館falo BE-PAL10月号増刊