Home » Blog » Futoshi's Blog » ある日の島の過ごし方

ある日の島の過ごし方

25 Feb 2011

ここを訪れる方の目的はなんといっても島内に鎮座するモアイ。


大きい、正座したもの、女性のモアイなど形も様々。


島の青い空をバックにド~~ンと構えるモアイは


人生で一度は見てみたいもの。



島に散在しているモアイもレンタカーやレンタバイクがあれば


一日で周れてしまうほど距離なので、後はのんびりリラックス。




そこでおススメなのが魚釣り。


乱獲されていない島の周りは、魚影が豊富で、


針と糸とおもりがあれば簡単に釣れてしまうほど。


地元の人はあれよあれよいう間に釣りあげる。


easIMG_5057.JPG


ただし、ここは大西洋の真っただ中。


押し寄せる波はかなり高い。


easIMG_5086.JPG


ある日は、このために買った竿とリールが大活躍で、


ルアーでは1m超えのヤガラが連続HIT.


*ヤガラは身がホクホクしていて、軽くカレー粉をつけてフライにすると
絶品この上ない。


エサではイシダイに似たピシという魚が次々と釣れて、


ある日は一人10匹以上の大漁祭り。


帰ったら早速火をおこして豪快に調理。


easIMG_7428.JPG


何匹かは内臓だけ取り出してそのまま塩焼きに。


ウロコを取ったものは、野菜と一緒に塩ゆで。


新鮮な内臓は汚れを落として油で炒めて塩とレモンをかける。


これは酒の肴にピッタリで特に僕たちのお気に入り。


ほんとにシンプルな料理ばかりだけど、


自分で釣りあげた魚はまた格別。




そして、夜は集まった旅人と酒盛り。


easIMG_7438.JPG


今までの旅路や将来のこと。


話のタネはいつまでも尽きず、笑い声は夜更けまで続く。


easIMG_7441.JPG

Comment Form

このエントリーのトラックバックURL

http://www.one-plus.net/mt/mt-tb.cgi/374

blog
Share
Bookmark and Share
twitter
サチのつぶやきはこちら twitter
フトシのつぶやきはこちら twitter
僕たちの日記が雑誌に掲載されました。小学館falo BE-PAL10月号増刊