Home » Blog » Futoshi's Blog » 南極行き豪華客船・ジム編

南極行き豪華客船・ジム編

24 Jan 2011

バックパッカー中は重い荷物を担ぎ、


フゥ~フゥ~汗かきながら移動していた僕らも


このセレブ的生活に入ってからはカメラより重たいものは持ちません。



少しでも旅費を浮かすため、南米ではほとんど毎日していた自炊生活。


でもこの豪華客船ではそんな野暮なことは致しません。


毎日、日替わりのコース料理も食べられるし、


24時間オープンしているビュッフェレストランもある。


誰もが好きな時間に好きなものが食べられてしまう贅沢。


普段は、安い食材のものしか買わないため、


久しくお目に掛からなかった食材にはお腹がいっぱいでも


ついつい手が伸びてしまうバックパッカーの悲しい性。


そんな訳で、先輩旅人から聞いた話によると船を降りる頃には


体重が平均5kg増とか。


観光もせず、食べてばかりではさすがにまずいだろうと、


怠惰な体にムチ打って、備え付けのジムで汗を流すことに。


さすがは豪華客船、ジムの施設はバイク、ランはもちろん


筋力トレーニングの設備もあらゆるものが揃っていて、


カッコいいトレーナーも完備。


antIMG_0869.JPG


そんな訳で僕はランニングマシーンを選択し


100km走るという目標を立てた。


途中、船が揺れ過ぎて走ることが出来ない日があったり、気乗りしない日があったり。


それでも、走れば走るほど体力がついてきて走るのが気持ち良くなってくる。


まともな運動は本当に久しぶりだったけれど、なんとか100km完走し、


体力も体重も維持することに成功。


それにしても南極のこんな局地まで来て走ることになるとは・・・・


南極を見ながら走る。ある意味これが最高の贅沢だったかもしれませんね。


Comment Form

このエントリーのトラックバックURL

http://www.one-plus.net/mt/mt-tb.cgi/343

blog
Share
Bookmark and Share
twitter
サチのつぶやきはこちら twitter
フトシのつぶやきはこちら twitter
僕たちの日記が雑誌に掲載されました。小学館falo BE-PAL10月号増刊