Home » Blog » Futoshi's Blog » 心震える赤

心震える赤

26 Aug 2010

ザンビアからバスで一日、お隣のナミビアにいます。


日本に出る前は、ほとんど視野に入っていなかった国ですが、


旅するうちに、行きたいところは増えるばかり。



というわけで、ナミビアの最大の見どころ、赤いナミブ砂漠に向かいます。


首都ウィントフックから車で7時間ほど、ほとんど景色の変わらないサバンナ地帯を


ひた走ります。


途中で野生のキリンに遭遇。


nam_MG_4988.JPG


こんなにも近くにキリンを見たのは初めて。


想像を裏切らない足の長さと首の長さにびっくり。


珍しさから写真をたくさん撮ったことに腹を立てたのか、


最後には長い首をぶるんと大きく振って威嚇されてしまいました。


ライオンでさえ、滅多に襲わないキリン。


長い脚から繰り出される蹴りはライオンをも一撃で戦闘不能にさせるとか。。。


やはり野生動物に近づきすぎるのは危険ですね。


次に現れたのはでっかい鳥の巣。


namIMG_0367.JPG


道路沿いに立ち並ぶ電信柱になんだか大きい藁のようなものが引っかかっていたので、


気になって近づいてみるとそれはたくさんの穴があいている鳥の巣でした。


普通は1家族で巣を作るものだと思っていましたが、


この鳥の巣は家族、兄弟、親戚みんなで住んでいるようで、


大きいものは直径1mほどもあります。


nam_MG_5005.JPG


よくよく観察してみると鳥たちも好みの場所があるようで、


他の動物が届かない高い電信柱や大きな木を好んで巣を作っているようです。


さて、長い道のりもようやく終わり、国立公園に。


nam_MG_5012.JPG


キャンプの準備が終えたらサンセットを見るために公園の奥へと車を走らせます。


namIMG_0506.JPG


ここはDUNE45と呼ばれている所で、公園内でも一二を争う美しさと大きさの砂丘です。


namIMG_0514.JPG


ここに車を止め、改めて大砂丘を仰ぎみると、遠くで感じていたよりもさらに大きく、


頂上付近にいる人は、豆粒のように見えます。


namIMG_0453.JPG


ここから頂上まで約1時間。


namIMG_0479.JPG


僕らの足はさらさらとした赤い砂に歩を進めるたびに飲み込まれ、


思うように登ることができません。


namIMG_0537.JPG


たった数百mでもこのありさまですから、もし砂漠で一人取り残されたら、、、


なんて想像すらしたくありません。


それにしても、夕日が赤く染めるこの雄大な砂漠の美しさときたら、


表現する言葉も見つからないほど。


namIMG_0704.JPG


namIMG_0614.JPG


無音の最中、さらさらと沈み込む赤い砂に深く身を沈め、夕日を見ていると、


砂漠は毎日のように変わらないこの風景を何百年と見続けているのかと思うと


自然の超然とした営みにただただ感服せずにはいられない。


そっくり赤い夕日が地球の向こう側へと消えてしまう頃、


満月が砂漠を白々と照らし出す。


namIMG_0749.JPG


僕らの夢の一つ、砂漠で地平線まで降り注ぐ星空を見るというのは


どういうわけかここでも叶わず、まん丸の満月がキャンプ場に忍び寄る


ジャッカル達を明るく照らし出していた。


多分、砂漠はこれが最後じゃないんだなと次回に想いを馳せて、


その日は彼らの遠吠えを聞きながら眠りに就く。


翌日、早朝5時には準備を整えた僕らは、サンライズを見に


公園内最深部の砂漠へと車を急がせる。


namIMG_0779.JPG


日の出前、すでに多くの人が砂丘に登り始めていて、


時を追うごとに空の色が変わり始めている。


先に着いた大勢の観光客の背中を追いかけて大きな砂丘を登りながら、


何故何もない砂漠がこれほどまでに人を惹きつけるのだろうかと考える。


namIMG_0803.JPG


正直まったくわからない、でもまったくにこの砂漠は美しい。


nam_MG_5159.JPG


namIMG_0595.JPG

Comment

ただただすごいとしか言いようがない。

27 Aug 2010 | nonsan

ひさしぶり!いつもone+見て元気と刺激もらってるよ!
この景色も、すごいね。。つくづく、世界には、今まで想像もできなかったような景色がいっぱいあるんだなって感じさせられました。そんな景色やそこに吹く風、流れる音を感じれるなんて、すごく尊いことだと思う。 これからもレポート、楽しみにしています♪

29 Aug 2010 | Monamie

すごい赤!感激いっぱい!!
・・・ってことをうまく伝えたいんだけど
自分の語彙のなさにがっくり。

でも、夫婦ふたりでこんなすごい景色を見て
沢山のひとびとに出会って
同じときを共有していられるって、素晴らしいですね。
続編、待ってま~~す。

30 Aug 2010 | Blue Lotus

nonsan

いつもありがとう!!
このサイトの一番の立役者はアナタです。

旅で会った人からいつもかっこいいサイトだと
褒められます。

これからも一緒に旅して、いいサイトを作ろうね!!


Monamieさん

ありがとう!
ほんと、今こうやって旅が出来ていることに
とっても感謝しています。

メディアでは感じることのできないものを
感じられて僕たちはほんとに幸せものです。

この幸せを感じたいって思ってもらえるような
サイトをこれからも作っていくね!


Blue Lotusさん

いつもコメント楽しみにしていますよ~

アフリカはその国それぞれに雰囲気があるんで
旅行をしていて本当に楽しいです。
漠然と怖いと思っていたアフリカも3カ月が過ぎ、
今はアフリカ旅を続行しようか思案中です。

これからも応援よろしくお願い致しますね!

31 Aug 2010 | Futoshi

かおりさん

ご連絡ありがとうございます。
ご質問の回答は準備できているのですが、
メールアドレスが消えてしまいました。。。
申し訳ありませんが、再送して頂ければ
返信致しますね。

31 Aug 2010 | Futoshi

すげー。
すげー。
すげー。

02 Sep 2010 | tatsuya

tatsuyaくん

自分も言葉が出ませんでしたよ。

ただただ感動するのみ。

02 Sep 2010 | Futoshi

Comment Form

このエントリーのトラックバックURL

http://www.one-plus.net/mt/mt-tb.cgi/224

blog
Share
Bookmark and Share
twitter
サチのつぶやきはこちら twitter
フトシのつぶやきはこちら twitter
僕たちの日記が雑誌に掲載されました。小学館falo BE-PAL10月号増刊