Home » Blog » Futoshi's Blog » 上に降る雨があった

上に降る雨があった

21 Aug 2010

ザンビアといえば、誰しもが訪れる世界三大瀑布のひとつビクトリアフォールズがある。


僕たちも麓の街、リビングストーンに泊まり、期待を膨らませて滝へと向かう。



ゲートに入る前から聞こえてくる轟音。


その音だけでも、いかに凄い滝なのかがわかるというもの。


びしょ濡れで戻ってくる他の観光客とすれ違い、さらに妄想は膨らむばかり。


程なくして現れたビクトリアフォールズは期待を裏切らない異様さを誇っていた。


zam_MG_4616.JPG


zam_MG_4633.JPG


なんの変哲もない川が突如として現れる大地の裂け目に


100m以上も落下して飲み込まれる姿は圧巻のひとこと。


ザンビアからジンバブエにかけて1700mを超す大地の亀裂は、


空から見れば川をすっぽりとまるごと飲み込んでしまう悪魔の口のようにも見える。


zamIMG_0225.JPG


あらためて近づいてみると、雲ひとつない青空にも関わらず、


その一帯はまるでスコールのように水しぶきが降ってくる。


狭く垂直に切り立った崖に流れ落ちる夥しい水の風圧は、


逃げ場を求めてこれまた垂直に昇ってくる。


そのため細かく雨粒のようになった滝のしぶきは下から上へと突き上げられ、


重力に逆らった水玉が下から降ってきて、頂点の辺りでは行き場を失って


丸い粒のままふわりふわりと漂っている。


そんな不思議な光景にさらに彩りを添えるてくれるのがこのダブルレインボー。


zam_MG_4660.JPG


たたでさえ、見れば確実にテンションの上がる虹なのに、


ここではくっきりとした2重の虹が見ることができる。


どんなに近づいたって、さわることはできないとわかっていても、


どうしても虹に近づきたくなってしまう。


そんなふうに奥に歩を進めると、小さな橋が掛けてあり、


そこからは殆どまん丸の形をしたダブルレインボーが見えた。


zam_MG_4647.JPG


後から写真を見て気がついたことだけど、虹っていうのはいつも規則正しく


同じ色順で見えると思っていたけれど、ダブルレインボーの場合は二つの虹が


グラデーションになっていて、一番内側と一番外側が同じ色になっていた。


はたしてトリプルレインボーの場合はどうなるんだろうか??


ビクトリアフォールズをしっかりと満喫した僕たちだったけれど、


友人からDEVIL’S POOLという絶景スポットがあると聞いていたので、


地元の人にどうやっていけるか聞いて回ってみる。


DEVIL’S POOLとは流れ落ちる滝の先端に泳げるくらいの水溜まりがあり、


滝つぼを見ながら水浴びができるとか。


結果からいうとまだ水量が多く、そこまでは行けなかったけれど、


滝の先端までは川を渡って行けると言うので、ガイドを雇って行ってみることに。


しかし、川を渡り始めて30秒、すぐさま激しく後悔することに。。。


一見、簡単そうに見えた川渡りも、入ってみるとかなり流れが強く、


藻のついた川底はつるつると滑る。


zamIMG_0268.JPG


この50mほど下流には悪魔のようなビクトリアフォールズの裂け目がパックリと


大きな口を開けて僕たちを待っている。


たとえ、足を滑らせたとしても滝の先端までに浅瀬があるので、


そのまま滝から落ちるってことはなさそうだけれど、


もし流されてしまったらと思うとすぐそばで鳴り響く滝の轟音がいやに耳に入り、


足が思うようには進まない。


zamIMG_0273.JPG


それでもなんとか時間をかけてゆっくりと川を渡り、ようやく滝の先端へ。


正直、ナイロビよりも怖い思いをして辿り着いた先がなんてことなかったらどうしよう


という不安も、滝のそばに立つや一気に吹っ飛び、そこには本当の絶景があった。


自分の右も左も、すぐそこにビクトリアフォールズの始まりがあり、


そのすぐ真下には終わりがあった。


zamIMG_0298.JPG


zamIMG_0307.JPG


横を見れば水しぶきで見えなくなるまで続く滝の始まりがあり、


前を見ればまるっとしたダブルレインボーがご褒美にさらにもまして輝いてくれる。


zam_MG_4733.JPG


しばらく夢中で写真を撮ったのち、近づきはしないけれど、逃げもしない虹を


ぼーっと眺めながら、ココロをすっかり空にして日光浴。


ここでもまた、自分も地球の一部なんだな~とただただ感じ入る。


zamIMG_0289.JPG


さて、もちろん帰りも同じ道。


なんとか無事に岸にたどり着いた時には、緊張と疲労から解放され


二人とも言葉が出ないくらいにクタクタ。


「今日は、絶対ビールを飲みたいね。」


どちらからともなくやっと出た言葉は、これだけ。


ビールで命の洗濯をした後は、感動に浸る間もなく


滝のごとく眠りに落ちていく二人なのでした。

Comment

そんなに怖い所だったんだね、知らずにゴメン!
しかし、本当に絶景だねー。
そして、こんなにもダブルレインボーが見られるなんてスゴイ!
命がけのレポートありがとう!

21 Aug 2010 | スミサト

8月になると大分水量少なくなってますね

10月に行った僕は一番左だけ滝があってそれ以外は・・・全部崖でした(笑)


ところでバンジージャンプはしましたか?

21 Aug 2010 | マサ

スミサトくん

とんでもないです。
DEVIL’S POOLは行けなかったけれど、 DEVIL’S WAYは通りましたよ(笑)
ちなみにENGEL’S POOLもあるそうです。
今は水量が多いのですが、もう少し経つと干上がって簡単にそこまで行けるそうです。
4日後には満月なので、夜にはDEVIL’S POOLでLUNAR RAINBOWが見れるかもしれませんね。


マサさん

乾季のピーク後はジンバブエ側でないと見れないみたい
ですね。
たしかにビクトリア崖ってのはちょっと悲しい...

バンジーは結局しませんでした。
南アに世界一の216mていうのがあるみたいなので、
そこでバンジー予定です!!
 

21 Aug 2010 | Sachi

丸い虹、
いつか家族でいった熊本でも見れたね。

あー早く合流したいなぁ。
さっちゃん、そのときはごはん作ってね!

02 Sep 2010 | matsuo aya

アネサン

ある程度まとまった休みが取れるといいね~

丸い虹、ほんと熊本を思い出したよ!

02 Sep 2010 | Futoshi

Comment Form

このエントリーのトラックバックURL

http://www.one-plus.net/mt/mt-tb.cgi/219

blog
Share
Bookmark and Share
twitter
サチのつぶやきはこちら twitter
フトシのつぶやきはこちら twitter
僕たちの日記が雑誌に掲載されました。小学館falo BE-PAL10月号増刊