Home » Blog » Futoshi's Blog » インド的感覚

インド的感覚

11 Feb 2010

インドの人は日本とは違い、独特の距離感を持っています。


例えば、リキシャーの場合。




そもそも、インドの都市部は常に交通渋滞で、どのドライバーも1センチでも前に進もうと


ちょっとでも間があくようなものなら、ブーブーとクラクションを鳴らして詰めに詰めていきます。


日本人なら、もうちょっとみんな落ち着いて十分車間距離をとって進みましょう!!


とかなるんでしょうが、インドではそんなことを言っていたら、


いくら経っても目的地には着きません。


熟練のオートリキシャーワラーは本当にmm単位で車幅間隔があるらしく、


ため息をつきたくなるような雑踏の混雑の中をチャロチャロと言いながら、


人込みをかき分けながら進みます。




友達の場合




友達との距離はというと、、、


インドでは男性同士で仲良く手をつないで歩いているのをよく見かけます。


もちろん他意はなく、仲良しなだけなんですが、


その密着度といったら並みのカップル以上で、見てるこっちが恥ずかしいくらい。


大勢のグループでは人気者の男子の手を取り合っているのさえ見かけます。


もちろん手を取り合っているのも男子ですがね(笑)




電車の場合




日本の満員電車の混雑もすごいですが、インドはさらに上をいっています。


一番安い車両では、網棚に人が乗るくらい人でいっぱいで、さらに中に入れない人が


乗車口に鈴なりにしがみついている中、電車はなんの合図もなく発車なんてシーンも


よく見かけます。


中も中でこれまたなかなか大変で、3人から4人掛けのシートに7~8人座るなんてこともあります。


もちろん普通には座れないので、仲のいいグループは友達を自分の膝の上に乗せたり、


折り重なって寝ていたりとするのですが、インド人は窮屈そうというより、


むしろ嬉しそうに密着タイムを楽しんでいます。




さてさて、お次はインド人の時間感覚について


インド人にお願いをするとするとよく返されるのが


「one minute!」という言葉なんですが、


これは出来るだけ早くやるよって感じで、事に取り掛かるまで大体1分から5分くらい。


たまに、two,three minutes.なんて返してくると、ざっと5~30分位。


30分以上と言われたら、一旦諦めたほうが無難。


インドでは30分以上先のことはあんまり考えていません。


何があるかわからない未来のことなんで、


30分くらいで出来たらいいね~くらいの希望的観測です。


それでも決して怒ってはいけません。


ここはインド、僕たちのルールなんて関係ありませんから。




お次はインド人の味覚について




インドといえば、もちろんカレーですが、


一概にカレーといってもマサラの掛けあわせで何通りにもなるので全然飽きません。


と、言いたいところですが、生憎小さい頃からマサラに慣れ親しんでいない僕の舌は、


ほとんど辛さでしか違いが判断できないところが悲しいところですが、


インドではほぼすべてのものにマサラが使われています。


大げさかもしれませんが、チャーイはもちろん、デザートにまでマサラが入っていたりします。


胃が疲れてマサラから逃げようとして、関係なさそうなものを頼んでも


何故これにマサラを??って経験は何度もあります(笑)。


まっ、インド人から言わせればマサラのない料理なんて料理じゃないなんてことに


なるんでしょうけどね。


ちなみに、こちらの犬や猫もマサラ味が嫌いじゃないようで、


あげると嬉しそうに食べるんです。

 
トコロ変われば、常識も変わる。インドはそんな世界の常識を教えてくれます。

Comment

ん〜 まさに郷に入っては郷にしたがえ。。。
フトシの得意分野じゃん!

インド人ってストレスがなさそうに思えるけど、大きな町の人達はまた違う感じなのかなぁ?

13 Feb 2010 | 丸坊主

アタイたちも新島旅行のとき、いつも手をつないであるいてたわよね〜
噂になったわよね。「羽伏浦におすぎとピーコが来た!」って
ウフフ

スリランカの夕方も
インドほどじゃないと思うけど、
凄まじい交通渋滞だった。
効率悪いな〜なんて思ったりして。

でも何故か許せるというかむしろおもしろく思えちゃうのはなんだろうか?

13 Feb 2010 | nonsan

羽伏浦でのおすぎとピーコは有名だったわよね~♪

島中の噂だったわ~!

14 Feb 2010 | ヨシカツ

あら!ヨシ子じゃなーい!
マサラおねえ系サーファー美容師の。
マサラ元気〜?

これってブログ荒らしかしら?
ごめんねごめんね〜

14 Feb 2010 | nonsan

丸坊主さん

ストレスという言葉をインド人が知っているかどうかも

疑わしいですねw

ルールがあるのが当たり前の日本のシステムからは

考えられないほど、ルールってものが存在しません。

それを寛容と表現すればいいのか、適当と表現していいのか。

でもなんだか居心地がよくなってしまうのがインドでしょうか

15 Feb 2010 | Sachi

nonsan

こっちのほうでは、渋滞の質がちがいますよね。

日本では整然とした長蛇の列ができますが、

こちらでは、車線なんて関係なく隙間を埋め尽くすように

進みますからね。

でも彼らの運転技術は素晴らしく、危ないと思っても

彼らが涼しい顔でmm単位で交わすのを見ていると

なんだかワクワクしてきちゃうんですよね。

15 Feb 2010 | Sachi

ヨシカツさん&nonsan

真実はいかに??(笑)


二人がいつも見てくれているだけで嬉しいですよ!!


15 Feb 2010 | Sachi

Comment Form

このエントリーのトラックバックURL

http://www.one-plus.net/mt/mt-tb.cgi/95

blog
Share
Bookmark and Share
twitter
サチのつぶやきはこちら twitter
フトシのつぶやきはこちら twitter
僕たちの日記が雑誌に掲載されました。小学館falo BE-PAL10月号増刊