Home » Blog » Futoshi's Blog » ベトナムの地が赤く染まった日

ベトナムの地が赤く染まった日

16 Dec 2009

今、ベトナムの首都ホーチミン市にいます。


ここホーチミン市(旧サイゴン)は南北に分かれて戦ったベトナム戦争の激戦区であり、


戦争が終結した場所でもあります。



その悲哀に満ちた歴史を語る上では欠かせない、クチトンネルと戦争証跡博物館を


訪れました。


クチトンネルとは、通称ベトコンと言われる南ベトナム政府に反抗する


南ベトナム解放民族戦線が築いた総長250kmに及ぶ地下トンネルで、


50,000人ものベトナム人がその中で暮らしていたそうです。


このトンネルはアメリカ軍、南ベトナム軍から身を守ると同時に


攻める砦にもなっていて、神出鬼没の南ベトナム解放民族戦線の兵士に


アメリカ軍も思うように事が運べなかったそうです。


戦争証跡博物館はホーチミン市の中心地近くにあり、


この悲惨な戦争の歴史について詳しく説明がしてあります。


正直、目をそむけたくなるような歴史的事実や写真に鳥肌が止まることが


ありませんでした。


民間人を含む南北のベトナム人、アメリカ軍兵士、その他大勢の尊い命が


この戦争で亡くなってしまいました。


戦後の平和な日本に生まれた自分が、ここベトナムで行われた戦争の意義や歴史的考証を


語る立場にはないと思うので、この戦争自体を語ることはできませんが、


結果的に双方に深い傷を負わせる戦争という行為については


改めて深く考えざるを得ません。


自然界では強者生存、強い者だけが生き残ると言われますが、


はたしてそれだけが真理でしょうか?


地球が生まれて以来、様々な生物が生まれては消えていきましたが、


違う見方をすれば、限りあるこの地球の中で、


それぞれの生命はそれをとりまく環境に合わせてうまく住み分け、


進化・適応し、多様な生き物が共存共栄をしながら


今の地球を作ったのではないでしょうか?


決してひとつの生物が他のすべてを支配したことはありません。


今まさに、人間は破壊と創造の神シヴァをも恐れぬ神の存在に


近づいたとでもいうのでしょうか、


地球のあらゆる生命を知ってか知らずか奪い取り、


ましてや同族の人間同士で命を奪いあう存在に。


地球の自然の摂理に従うならば、決して強い者だけが生き残るのではなく、


おかれた環境に対してうまく適応し、自らを進化したものが生き残るに違いありません。


環境とは多種多様な生命があってこそ成り立ち、


決してひとつの種では環境は成り立ちません。


人間においても、おかれてきた環境によって肌の色も、文化も、宗教も


とりまく環境によって違うのが当たり前で、多種多様な人間がいて


この世界は成り立っているのです。


たくさんの悲惨な戦争の歴史を経験し、争うことの無益さを学習してきた今こそ、


お互いの違いを認め合い、争うことではなく、


どうやって適応し共存していくかという命題に向かって、


神が与えてくれた知恵というものを使うべき時代ではないのでしょうか。


かのアインシュタイン博士はこう言いました。


第三次世界大戦があるかどうかはわからないが、


もし第四次世界大戦があるのならば、その時、人間は石とこん棒で戦うだろうと。


決してそんな時代を迎えることなく、僕たちの孫の時代も


そのずっと先も平和で友愛に満ちた世界を創造してほしい、切にそう思う日なのでした。




さて、話はがらりと変わってしまうのですが、


東南アジアの国々で行われるSEA GAMEというサッカーの試合が


ラオスで行われているのですが、12月14日はシンガポールとの準決勝戦が行われ、


めでたくベトナムが勝ったのですがその盛り上がりようが


半端じゃありませんでした。。。


相方と晩ごはんでも食べに行こうかと外に出てみるとなんだかいつもより人が多くて、


レストランもTVでサッカーの試合を流していて、


異常にベトナムのお方が盛り上がっている。


ワールドカップの予選でもないのに何の試合でそんなに騒いでいるんだろうと


不思議に思っていたんですが、ご飯を食べている間にベトナム勝利で試合終了。


ベトナムのお方たちは抱き合って大喜び。


まぁ、やっぱり代表チームが勝つと嬉しいよね、と思いながらおめでとう!!


とか言いながらご飯を食べていたんですが、


終了後しばらくしたら、


ベトナム国旗を差してクラクションを鳴らしながら走るバイクが登場。


まぁ、嬉しいよね、代表が勝ったんだもの、ちょっと羽目外して騒ぎたくもなるよね、


と温かい目で見ていたのですが、次第に台数も人も増えて、


面白そうだと大通りに出てみたら、暴走族か??


と思うほどベトナム国旗を掲げたバイクの集団が


けたたましいクラクションとひっきりなしのベットナム!!コールを続けている。


道路は完全に暴徒?に占拠され、


ベトナム国旗の赤い旗とおびただしい数のバイクで埋めつくされていて


前には一歩も進めない状態。


日本ならすぐに警察がきて鎮静化を図るものですが、そこはベトナム、


まったく来る気配がありません。


まぁ来たところで国民総暴走みたいなもんですから止めようとしたって


止められる数じゃありません。


だってほんの小さな子供からおとっつあん、おかっつあんまでが


アタマに鉢巻きまいて、暴走しに街に出てきているんですから。


これだけ騒いでいるんだから、多分何かの大会で優勝したんだなって後々調べたところ、


まだ準決勝戦で、17日の決勝戦に優勝したらこんなものじゃ済まなくなるそう・・・


残念ながら明日17日の朝にフリービザの期限の関係で


カンボジアに発ってしまう僕らは決勝後の大狂乱を見ることが出来ないけど、


17日の夜ホーチミンを出発するバスは多分朝方までホーチミンを抜けることは


不可能でしょう・・・・。


近い将来、ベトナムがワールドカップに出場するような事になったら、


本場ヨーロッパのフーリガン達も真っ青の国民的総暴走が見れるに違いない。

なんにせよ、


ベトナム戦争の悲惨な出来事からほんの数十年で瞬く間に奇跡の復活をとげ、


戦争を知らない若者たちがベトナムを赤い血で埋め尽くすのではなく、


サッカーというスポーツの勝利で街中を赤く埋め尽くす様は


ベトナムの明るい未来を示唆しているようで


キラッキラに輝いてみえるそんな一日なのでした。


betIMG_6151.JPG

betIMG_6188.JPG

IMG_6207.JPG

国旗が売れてほくほくのおじさん(笑)
betIMG_6268.JPG

Comment

この騒ぎ様すごいね。。
チームはクレイジーバッファローズ?なのかな!?
ベトナムって熱い国なんだね!

そういえば、ぼちぼちカンボジアに着く頃かな?

今日マッシュくんと波乗りに行ってきたんだけど、マッシュ&チぃちゃんがフトシくん&さっちゃんによろしく言ってたよ~!!


ではでは良いTripを!!

16 Dec 2009 | ヨシカツ

エコセン同期のしょうちゃんです~
ご無沙汰です。
楽しい旅をしているようですね。
写真があまりにも美しくて惚れぼれしてしまいました。
もしかして。。プロ?

アジアからの旅。いいですね~
ちょうど、トムヤムクンが食べたいと思ってました。
いいな~

あと、発酵食の方も忘れずにね~(笑)

19 Dec 2009 | しょうちゃん

おぉ~
クチトンネルに戦争博物館、俺も行きました。
結構衝撃的な写真で、改めて考えさせられるとこで
行って良かったと思える場所だよね。

次はカンボジア?

またベトナムとは一味も二味も違う国だろうから
楽しんでね!!

そういや・・ソフトシェルクラブ食べた??

19 Dec 2009 | よういちろう

ヨシカツさん

サッカーは国の代表試合で、ベトナムではとにかくサッカーが人気みたいです。

結果を調べてないのだけど、優勝してたらすごい騒ぎになったんだろうね。

マッシュとちいちゃんも元気そうでなにより!
これからも日本情報よろしくね!!


しょうちゃんさん


どうもご無沙汰しております。

現在の活動の様子、ブログで拝見させてもらいました!

活動の内容は違えど、同期のみなさんの活躍は自分のことのようにわくわくしますよ!
これからも覗かせて頂きますね!!

写真はまだまだへっぽこでお恥ずかしい限りです・・・

でも、いい写真が撮れた時はやっぱり嬉しくてにやにやする時もあります(笑)

そうそう、発酵食ではないですが、カンボジアの鍋料理に
納豆のにおいのするつけだれが出てきたのですが、これが結構美味で、坦々麺のたれのようなコクと納豆のような匂いで、ご飯が3杯くらいいけちゃいそうです!!

写真を撮ってあるので、他のと合わせて追々UPしますね。


よういちろうさん

ほんとに、考えさせられることが多かったベトナムでした。

今は、カンボジアでゆっくり遺跡をまわっていますよ。

折をみてまたUPしますね!

22 Dec 2009 | Futoshi

かなりもりあがってますねーーーー☆

たのしんでますねーーー☆
僕はホーチミンでは病でくたばっててなんもできませんでした・・・・こころのこりでやんす。
それでは、気をつけて旅をつづけてくださいね☆

24 Dec 2009 | shingo

shingoくん

どうしたの?熱??

旅は体が資本だから、無理はしないようにね!!

そうそう、シーパンドンで一緒にいたマナブくんに会ったよ。

とりあえず、カーニャクマリとゴアで集合です。

shingoくんとも再会できるの楽しみにしてるよ~

25 Dec 2009 | Futoshi

Comment Form

このエントリーのトラックバックURL

http://www.one-plus.net/mt/mt-tb.cgi/66

blog
Share
Bookmark and Share
twitter
サチのつぶやきはこちら twitter
フトシのつぶやきはこちら twitter
僕たちの日記が雑誌に掲載されました。小学館falo BE-PAL10月号増刊